「情報メディア」で世界を変える 複数のスキルを身に付け、進化を続ける情報社会をリードするスペシャリストを目指します。
  • 資料請求はこちら

情報メディア学科でできること

ポイント1 4つのコースでマルチスキルの習得

進化し続ける情報社会をリードする、エンジニアやクリエーターを目指します


目指せる資格/検定

■ITパスポート試験※ 
■基本情報技術者試験※ 
■応用情報技術者試験 
■高度情報処理技術者試験
■高等学校教諭一種免許状[情報]
■MIDI検定
■色彩検定
■MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

TOEIC®、日本漢字能力検定、マルチメディア検定、CGエンジニア検定、CGクリエイター検定、画像処理エンジニア検定、 Webデザイナー検定、日本語ワープロ検定、文書デザイン検定、情報処理技能検定[表計算、データベース]、 プレゼンテーション作成検定、文章入力スピード認定試験、Pro Tools技術認定試験

※これらの資格を取得すると、対応する科目の単位が認定されます。

情報メディア学科でできること

ポイント2 個性あふれる学生プロジェクト
  • 資料請求はこちら

もっと知りたい!情報メディア学科のこと

卒業生の声

写真:谷 聖也さん

「授業とバイトの両立でスキルを磨いた4年間!」

情報メディア学部 情報メディア学科29年度卒業
谷 聖也さん
就職先:株式会社 創文社(宝グループ)

私はグループ企業の広報活動を支える創文社で、主にクラウド型システム開発を行っています。学生時代にWebやアプリのコーディングをするアルバイトをしていたこともあり、大学の授業と併せてエンジニアとしてのノウハウも得られたと思います。そのため、入社後はすぐに即戦力として開発業務に携わることができました。今後はプログラミングスキルをさらに磨いて職人のようなエンジニアになり、テクノロジーを活用したイノベーションを起こしたいです。

写真:田添 詩奈さん

「成功したときの苦労の先にある
達成感が大好き!」

情報メディア学部 情報メディア学科令和元年度卒業
田添 詩奈さん
就職先:株式会社アルタ

自分の作ったサイトやシステムで多くの人に感動を与え、行動に移す手助けをしたいと思いこの業界を志望しました。現在は株式会社アルタに就職し、自社のポータルサイトのプログラミング、機能の提案やコーディング、セミナーのオペレートなど幅広い業務を行っています。今後はプログラマーとしての技術を磨き、世の中の役に立つシステムの開発や、名古屋文理大学で学んだ映像や音楽の知識を活かしてインタラクティブなものを作ってみたいです。

  • 資料請求はこちら

本学に合格された受験生の方の「名古屋文理大学に入学を決めた理由」についてコメントが掲載されています。(テレメール全国一斉進学調査調べ)
下記バナーからページをご覧いただけます。

先輩が入学を決めた理由

クリックすると外部サイトに移動します。
ページの先頭へ