ADMISSION

入試情報

奨学金

入試奨学金 日本学生支援機 名古屋文理大学短期大学部奨学金

名古屋文理大学短期大学部では、様々な奨学金・進学サポートを用意。
進学費用のことで、進みたい道をあきらめてしまわないように。ぜひ参考にしてください。

1.入学選抜次奨学金 ※すべて給付型奨学金

試験区分対象区分給付額対象数
〈特待生〉学校推薦型選抜A
(指定校)(学力A)
(食物栄養関連学科出身者対象)
1年次前期分授業料345,000円
340,000円
栄養士専攻3名
製菓専攻1名
〈特待生〉学校推薦型選抜A
(指定校)(学力B)
(上記以外出身者対象)
1年次前期分授業料345,000円
340,000円
栄養士専攻3名
製菓専攻1名
学校推薦型選抜A
(公募)
県外在住学生支援特待生
(2年間)5,000円
(月額)
両専攻で10名程度
総合型選抜A・B・C
自己推薦
(食品関連資格)
入学金の半額105,000円調理師免許取得者
(見込み含む)
製菓衛生師免許取得者
食物調理技術検定1級合格者
両専攻で5名程度
総合型選抜A
調理製菓技術特待生
入学金の半額105,000円両専攻で5名程度
一般選抜A1年次前期分授業料345,000円栄養士専攻1名
一般選抜A(大学入学共通テスト利用選抜)1年次前期分授業料345,000円栄養士専攻1名
特別選抜B・C
東海地方在住社会人(Ⅰ・Ⅱ)
学費から2年間300,000円
(年額)
両専攻から3名程度
同窓会会員関係者(すべての試験区分対象)入学金の半額105,000円両専攻から若干名

2.名古屋文理大学編入次奨学金制度 すべて給付型奨学金

試験区分対象区分給付額対象数
健康栄養学科(管理栄養士課程)
3年次編入学
入学金免除

3年次後期分免除
200,000円

375,000円
2名

3.入学検定料減免制度

区分減額/免除減額/免除額対象者
名古屋文理大学受験者免除免除名古屋文理大学受験者
西区在住高校生優遇制度免除免除名古屋市西区在住高校生
総合型選抜A・B・C・D(AO)免除免除本学受験者
一般選抜A・B
大学入学共通テスト利用選抜
減額30,000円⇒10,000円大学入学共通テスト利用選抜志願者
複数回受験者減額30,000円⇒15,000円複数回受験者
※大学入学共通テスト利用選抜除く

4.入学後奨学金 すべて給付型奨学金

試験区分給付額対象数
第一種奨学金制度200,000円両専攻から若干名
第四種奨学金制度100,000円栄養士専攻3名
製菓専攻1名
第五種奨学金制度300,000円第四種奨学金対象者から1名
※上記奨学金制度等には条件があります。詳細は学務課入試係にお問い合わせください。


2023年度入試奨学金(2022年度実施)

〈特待生〉学校推薦型選抜A(指定校)(学力A)

対象者

指定校推薦選抜受験者のうち、特待生を希望する受験者の成績上位者

(学力A)
出身高等学校の学科が食物栄養関連学科の出身者
食物栄養関連学科とは生活文化科、食品科学(化学)科、食物科、食物調理科等です。

対象学科・人数
  • 食物栄養学科栄養士専攻 3名
  • 食物栄養学科製菓専攻 1名
特典

1年次前期分授業料を奨学金として給付します。

〈特待生〉学校推薦型選抜A(指定校)(学力B)

対象者

指定校推薦選抜受験者のうち、特待生を希望する受験者の成績上位者

(学力B)
出身高等学校の学科が食物栄養関連学科以外の出身者
普通科、商業科等です。

対象学科・人数
  • 食物栄養学科栄養士専攻 3名
  • 食物栄養学科製菓専攻 1名
特典

1年次前期分授業料を奨学金として給付します。

一般選抜A

対象者

学力検査の得点率が80%以上の上位1名

対象学科
  • 食物栄養学科栄養士専攻 1名
特典

1年次前期分授業料を奨学金として給付します。

大学入学共通テスト利用選抜A

対象者

大学入学共通テストの得点率が70%以上の上位1名

対象学科
  • 食物栄養学科栄養士専攻 1名
特典

1年次前期分授業料を奨学金として給付します。

総合型選抜A(調理製菓技術特待生)

対象者

●各種製菓コンクールにて入賞、またはそれに準ずる受賞実績を有する者
●本学主催「高校生スイーツコンテスト」エントリー者
●専願を希望する者

対象学科

両専攻で5名程度

特典

入学金の半額を奨学金として給付します。

総合型選抜A・B・C自己推薦)

対象者

●調理師免許取得者(見込み含む)、製菓衛生師国家試験合格者、食物調理技術検定1級合格者
●専願を希望する者

対象学科
  • 食物栄養学科栄養士専攻
  • 食物栄養学科製菓専攻
人数

両専攻で5名程度

特典

入学金の半額を奨学金として給付します。

同窓会会員関係者合格者特待生制度

対象者

●本学園同窓会(名栄会・稲友会)の会員・準会員の本人、2親等以内の者
●専願を希望する者

対象学科
  • 食物栄養学科栄養士専攻
  • 食物栄養学科製菓専攻
人数

若干名

特典

入学金の半額を奨学金として給付します。

特別選抜B・C 東海地方在住社会人(Ⅰ・Ⅱ)

対象者

令和3年4月1日現在で満23歳以上の東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)に1年以上居住し、社会人としての経験(家事専業含む)を有する者

※出願には事前の問い合わせが必要です

対象学科

両専攻で3名程度

特典

2年間の学費の一部(年額300,000円)を奨学金として給付します。

西区在住高校生優遇制度

対象者

名古屋市西区に在住する高校生

対象学科
  • 食物栄養学科(両専攻)
人数

制限無し

特典

受験料免除

専門実践教育訓練給付金

社会人入学者を対象に「専門実践教育訓練給付金」が給付されます。
詳しくはコチラをご覧ください。

日本学生支援機構は、日本学生支援機構法に基づいて国の育英奨学事業を行っている機関です。
人物・学業とも優秀で経済的理由のため修学困難な学生に対し、奨学金を貸与しています。

給付奨学金

対象

全学年

貸与金額(月額)
  • 自宅通学 38,300円
  • 自宅外通学 75,800円 

※第Ⅰ区分から第Ⅲ区分あり
 第Ⅰ区分 満額
 第Ⅱ区分 2/3
 第Ⅲ区分 1/3

貸与始期

採用年度の4月

貸与期間

卒業までの最短修業期間

第一種奨学金(無利子)

対象

全学年

貸与金額(月額)
  • 自宅通学 20,000円、30,000円、40,000円、54,000円より選択
  • 自宅外通学 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円より選択
貸与始期

採用年度の4月

貸与期間

原則卒業予定期(貸与始期から卒業までの最短修業期間)

第二種奨学金(有利子)

対象

全学年

貸与金額(月額)

20,000円~120,000円までのうち1万円単位で選択

貸与始期

採用年度の4月~9月で希望する月

貸与期間

原則卒業予定期(貸与始期から卒業までの最短修業期間)

申込から交付まで(在学採用の一例)

  1. 奨学金説明会に参加する(4月上旬)
  2. 申込用紙(確認書)を教学課に提出する(5月上旬)
  3. スカラネット(インターネット)で必要事項を入力し申し込む(5月中旬)
  4. 6月~7月にかけて奨学金交付開始(採用結果による)

審査基準

学力

1年:給付

高等学校2、3年の評定平均が3.5以上

1年:第一種

高等学校2、3年の評定平均が3.5以上

1年:第二種

出身学校における学業成績が平均水準以上

2年:給付

短大における学業成績が上位1/3以上(学科、専攻)

2年:第一種

短大における学業成績が上位1/3以上(学科、専攻)

2年:第二種

短大における学業成績が平均水準以上

家計

(給付奨学金)
原則住民税非課税世帯(Ⅰ区分)およびそれに準ずる世帯(Ⅱ区分・Ⅲ区分)が対象となります。
対象になるかどうかは以下からシミュレーションが可能です。

進学資金シミュレーター(日本学生支援機構)

貸与奨学金)
主たる家計支持者の収入額から控除額を差し引いた額(所得額)が日本学生支援機構の定めた収入基準額以下であれば申し込むことができます。
詳しくは、在籍している学校、または日本学生支援機構にご確認ください。

日本学生支援機構ホームページ

日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方へ

在学中に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方は、奨学金を返還しなくてはいけません。返還について、毎月引き落としがされているか、返還ができないのであれば返還期限猶予などの手続きがされているかご確認をお願いいたします。

詳しくは、下記の文書や日本学生支援機構ホームページをご確認ください。

奨学生であった皆様へ

名古屋文理大学短期大学部5奨学生制度は本学の優れた学生を対象とし、下記の5種より構成されます。詳細は学務課に問い合わせて下さい。

〔奨学金の内容〕

上記以外にも各都道府県からの奨学金があります。推薦依頼があり次第掲示します。詳細は学務課に問い合わせて下さい。

その他の制度

奨学金制度以外にも本学は以下の制度のご利用が可能です。学納金の納付等にお困りの場合はご検討ください。

「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)
オリコ「学費サポートプラン」名古屋文理大学短期大学部【新入生用】特設ページはこちら
オリコ「学費サポートプラン」名古屋文理大学短期大学部【在学生用】特設ページはこちら