HOME > お知らせ > 「清須市民げんき大学」の講師を務めました
お知らせ

「清須市民げんき大学」の講師を務めました

2019年12月18日

 令和元年12月12日(木)に清須市と愛知医療学院短期大学による官学連携事業「清須市民げんき大学」において本学健康栄養学科高橋圭助教が「活力ある暮らしと豊かな食の愉しみ~賢く食べて元気な長寿を~」と題して講演しました。

2019121801.JPG

 講座では「健康のための食べ方は、「バランスよく」、「適度に」、「適量」食べる事です。」と説明されました。

2019121802.JPG

 具体的には「現代において同じ年代や同じ地域、同じ家族においても栄養過剰な人と栄養不良な人が混在するという栄養障害の二重負荷が発生しているのが現状で、今ご自身がそれにあたるのかという指針としてBMIがあり、目標BMIの範囲になるように食事は適量、すなわち腹八分目が良い。また栄養過剰と運動不足によりメタボリックシンドロームになる可能性が高くなり、進行すると血管障害が起きて動脈硬化や脳血管疾患などによる生命の危険が生じる。しかし体重増加を気にして運動はせずに食事量だけを減少させると筋肉量が減少し、それに伴って代謝量も減少。代謝量が減少するので体重が増加する。またその体重増加分、食事量を減少させるという悪循環になって体調不良・栄養不足になるので注意。」と説明されました。そして「栄養不足による病気として筋肉量低下により転倒をして骨折。それにより寝たきりとなり要介護状態になる危険がある。それを防ぐためにもたんぱく質と抗酸化食の摂取が必要です。」と説明し、「バランスの良いと言われる一汁三菜を朝・昼・晩、腹八分目で食べる事が健康に繋がる。そして適度な運動を行いましょう。」と結論付けられました。

2019121803.JPG

 参加者は懸命にメモを取られており、参考になったようでした。また質疑応答も活発になされ、講座終了後も個別で相談されていて熱心さを感じました。

 今回の講座が参加者の方の健康づくりの一助となればと思います。

一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

パンフレットをネット上でご覧になれます。

side_portal.gif

図書情報センター

ぶんり

紹介ビデオ

ソーシャルメディア

情報公開

名古屋文理大学外部認証評価結果報告

  • 稲友会(同窓会)
  • 学生自治会
  • 名古屋文理大学短期大学部
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844