HOME > お知らせ > 名古屋文理大学公開講座【小学生プログラミング教室】を開催しました
お知らせ

名古屋文理大学公開講座【小学生プログラミング教室】を開催しました

2019年09月04日

0001.JPG

 令和元年8月7日(水)・8日(木)、本学・稲沢市・名古屋文理大学文化フォーラムの連携公開講座【小学生プログラミング教室】を開催しました。情報メディア学科の長谷川聡教授、小橋一秀准教授及び情報メディア学科の学生を中心に構成されたコード教育プロジェクトが講師を務めました。

 この講座は小型の「たこ焼き型ロボット『Ozobot』」を使用し、プログラミングに挑戦するという内容でした。1日目は名古屋文理大学文化フォーラムで行い、2日目は本学にて行いました。

 特に2日目は、Ozobotに対応したビジュアルプログラミング言語"OzoBlockly"を用い、段階を踏んでプログラミングを体験する内容。講師の学生は、1つの過程でも色んなプログラムで実現できることがプログラミングの面白さであると解説しました。

0002.JPG

 後半は「オゾペイント!」と題して、Ozobotにペンを取り付け、図形を描くことにチャレンジ。参加者は試行錯誤しながら好きな絵を描けるようOzoBlocklyでコードを組んでいきました。講師の学生は、Ozobotに「待つ」という指示を与え、少し余裕を持たせることがポイントであるとアドバイスしていました。

 サポートをした学生は「2日間で仲が深まり、フレンドリーな関係で楽しくできたため、満足です。」、「子供たちは早くOzobotで遊びたくて仕方なく、ポイントや考え方を伝えるのが大変だった。」、「プログラミングは個人差が大きく教えるのが難しかったが、工夫をした。」と話してくれ、講師を担当した学生にも学びがあったようです。

 0003.JPG

90分では短く、講座終了後もiPadを触る参加者の姿が見られました。楽しかったという感想が多く、小学校でのプログラミング授業が楽しみになったという声も聞くことができました。

また、学生側ももっと教えたかった様子でした。次回の開講も期待します。

一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

パンフレットをネット上でご覧になれます。

side_portal.gif

図書情報センター

ぶんり

紹介ビデオ

ソーシャルメディア

情報公開

名古屋文理大学外部認証評価結果報告

  • 稲友会(同窓会)
  • 学生自治会
  • 名古屋文理大学短期大学部
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844