HOME > お知らせ > 健康栄養学科辻ゼミの学生たちが稲沢市立稲沢中学校において食育劇を行いました
お知らせ

健康栄養学科辻ゼミの学生たちが稲沢市立稲沢中学校において食育劇を行いました

2018年10月29日

 平成30年10月17日(水)稲沢中学校において、本学 健康栄養学科 辻とみ子教授のゼミ生8名が、全校生徒310名を対象に食育劇を実施しました。
 冒頭で稲沢中学校の生徒保健委員会により稲沢市立稲沢中学校の生徒を対象にした「朝ごはん調査」の結果が発表され、朝ごはんを毎朝食べていてもパンなどの主食のみを食べており、栄養バランスが整っている朝食を食べている生徒が少ないことがわかりました。
 中学校の皆さんに栄養バランス良く摂取する事の大切さを理解してもらうために、辻ゼミが『3つのスイッチON!』をテーマとした劇を披露し、「主食」、「主菜」、「副菜」が揃った朝食を食べている人と食べていない人の体温や骨の丈夫さの違いを手作りの媒体を使用してわかりやすく紹介しました。
 劇を通じて朝食の欠食が及ぼす体への影響や「炭水化物」、「タンパク質」、「カルシウム」、「ビタミン」、「ミネラル」をバランス良く摂取することで心身ともに健やかな生活が過ごせることを学んで頂けたことと思います。

 劇終了後は「生涯の健康づくりは毎日の生活から~あなたの食事は正しいですか~」をテーマに辻とみ子教授が講演をしました。
 朝食には思考や創造性を担う脳の最高中枢である前頭前野の働きを活発にさせる効果があり、中学生の時期は前頭前野の働きが急激に成長する時期であることから、栄養バランスの整った朝食を摂ることはとても重要であると解説されました。
 丈夫な心と体の基礎づくりをする大切な時期に様々な食材を感謝して食べることで生涯健康で楽しい生活を送ることが出来きると解説されました。


一覧へ戻る

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844