HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : 健康栄養学科 > 健康栄養学科ブログ
健康栄養学科ブログ

令和元年度寿教室にて講演を行いました

RSS 2019年12月19日

令和元年12月6日(金)と12月13日(金)の2回、祖父江町勤労青少年ホームにて寿教室が開催され、石川豊美准教授が「医食同源~先人の知恵に学ぶ~」と題し、講師を務めました。

講座当日は急激に気温が下がり参加者は予定を下回る人数となりましたが、参加された方々は熱心に受講されていました。

今年の講座では高齢者が多く抱える悩みごとの一つである「便秘」を取り上げ、腸内環境や栄養摂取、献立改善のポイントなど具体例を挙げながら解説しました。冬場は気付かないうちに脱水状態になりやすくそれに伴って便秘傾向に陥りやすいので、腸内環境を整えて便秘を予防するポイント「1日3回規則正しく食べる」、「食物繊維を摂取する」「水分を補う」「発酵食品を補う」「良質の油を利用する」「偏食をしない」「暴飲暴食は避ける」の7項目をどのようにしたら良いのか、そして腸内環境を整えることにより高齢者が陥りやすい低栄養状態を防ぐ事が出来ることを解説しました。併せて栄養成分のうち特にたんぱく質不足になると貧血や脳出血など様々な問題が発生するリスクが高くなります。特に筋肉低下による転倒及び骨折は寝たきりになる一番の原因なのでそのためにも肉・魚・卵・豆腐をバランスよく食べましょうと呼びかけました。

そして1日3食、基本である「一汁三菜」を心掛け、ちょっとした工夫として「寒い冬には汁物は具だくさんにすると野菜が多く摂取できて体も温まりおすすめです。野菜に含まれるカリウムの働きにより塩分のとりすぎを防ぎます。その野菜は皮付きの方が効果は高いです。」という言葉に感心しながらメモを取られる姿がありました。

参加された方からは「とても参考になりました。これからの食事に役立てます。」というお言葉を頂き、有意義な講座であったと感じました。

kotobuki2.jpgkotobuki1.jpg

最新の記事

loading...

>>一覧を見る

イベントカレンダー

loading...
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844