HOME > 学部・学科紹介 > 情報メディア学部 : 情報メディア学科 > 情報メディア学科ブログ > 第2回 プログラミング教育指導者養成講座 「Code Edu」が開講されました!
情報メディア学科ブログ

第2回 プログラミング教育指導者養成講座 「Code Edu」が開講されました!

RSS 2019年06月22日

6月22日(土)に、2回目となる、

プログラミング教育指導者養成講座『CodeEdu/』(コードエデュ)のスクーリングが

名古屋文理大学で行われました。

IMG_6239.jpg

(※『CodeEdu/』のプロジェクト詳細については、

過去ブログ「プログラミング教育指導者養成講座 「Code Edu」が開講されました!」をご覧ください。)

今回も、東京、大阪、新潟、名古屋、愛媛、札幌の全国6会場を

インターネットのビデオ会議で繋ぎ、本学のコード教育プロジェクトの学生も受講しました。

本日(3日のうちの第2日目)は、

主に、「プログラミング教育の先生になる準備」に焦点をおいたスクーリング内容となりました。

なぜなら、ここで学んだ成果も踏まえて

小学生を対象にしたプログラミング教室を開くことになっています。

名古屋文理大学では、稲沢市と連携した公開講座として8月7日(水)、8日(木)に、

「小学生プログラミング教室」を

名古屋文理大学文化フォーラム(1日目)と名古屋文理大学稲沢キャンパスFLOS館(2日目)で

行います。

その準備として、今回のスクーリング午前の部では、

過去のワークショップの様子が撮影された動画を観ながら、

参加者児童を前にした時に気を付けること、教材作成のポイント等について学びました。

そして、講義内容を踏まえ、いよいよワークショップのための教材作成へ。

教材作りの手始めとして、

「自分が子どもの頃、楽しかったこと」を振り返り、紙に書き出しました。

皆さん、天井を見つめ、思いつく限り、ペンを動かしています。

IMG_6242.jpg

それを参考に、子どもが夢中になれる要素を抽出し、企画づくりの土台を作っていきます。

スクーリング午後の部では、

そこからどのようなワークショップを企画するか、グループになって意見を出し合い、

IMG_6246.jpg

インターネットのビデオ会議を通して、発表しました。

IMG_6249.jpg

IMG_6255.jpg

「Ozobotで鬼ごっこ」や、「Ozobot対抗レース」といった

どのグループもオリジナリティに溢れる、革新的な企画案が挙がりました。

今回の『CodeEdu/』での学びと研究は、

名古屋文理大学と稲沢市で行われる公開講座「小学生プログラミング教室」(8月7日(水)、8日(木))で

活かされる講座内容で、

学生らにとって、アイデアを生み出すよい刺激となりました。

最新の記事

loading...

>>一覧を見る

イベントカレンダー

loading...
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844