HOME > 入試情報 > 2021年度大学入学者選抜における基本方針について
入試情報

2021年度大学入学者選抜における基本方針について

名古屋文理大学短期大学部では、従来からの各入試区分において、志願者の「学力の3要素 (知識・技能)(思考力・判断力・表現力)(主体性・多様性・協働性)」について、本学アドミッションポリシーに基づいて面接・学力検査・小論文・調査書・出願書類により総合的に評価しています。2021年度入学者選抜については、文部科学省からの「平成33年度大学入学者選抜実施要項の見直しに係る予告について(通知)」を基に、ほぼ現行の形で行うことを予定しています。

2021年度入学者選抜においては、以下の通りとなります。

1.入試区分

以下の通り入学試験区分を変更します。

2020年度(現行)

2021年度(変更後)

一般入試

(センタ―試験利用入試A・B)

(試験A・B・C)

一般選抜

(大学入学共通テスト利用選抜A・B)

(一般選抜A・B・C)

推薦選抜

(推薦A・B)

(指定校推薦)

(指定校特待生)

学校推薦型選抜

(学校推薦型選抜 公募A・B)

(学校推薦型選抜 専願A)

(学校推薦型選抜 専願B)

AO選抜

特別選抜

総合型選抜

2.一般選抜

① 大学入学共通テスト利用選抜A・B

  大学入学共通テストの成績、調査書を総合的に判断し、入学選抜を行います。

② 一般選抜A・B・C

  一般選抜A・B・Cでは学力検査、小論文、面接、調査書を総合的に判断し、入学選抜を行います。

③ 大学入試センタ―が認定する英語資格・検定試験を活用します。なお、資格・検定試験は出願要件ではありませんので、これらを受験していない場合でも出願できます。

3.学校推薦型選抜(専願・併願)及び総合型選抜

「学力の3要素」を総合的に評価するために、本学独自の試験及び選抜方法を実施し入学選抜を行います。

① 学校推薦型選抜(公募A・B)においては、面接試験/口頭試問を実施し、調査書、提出書類(推薦書等)を用いて、総合的に判断し入学選抜を行います。

② 学校推薦型選抜(専願A・B)においては、専願Aについては面接試験・調査書・提出書類(推薦書等)、専願Bについては学力検査を実施し、面接・調査書・提出書類(推薦書等)で総合的に判断し、入学選抜を行います。

③ 総合型選抜のすべてにおいて面接試験等を実施の上、調査書、提出書類(課題等)を総合的に判断し、入学選抜を行います。

4.Jep(JAPAN e-Portfolio)等について

  2021年度入学選抜では、Jep等e-Portfolioを合否判定に活用することは予定しておりません。また、e-Portfolio1の提出を求めません。

* 入学者選抜方法の詳細については改めて公表します。

* 上記記載事項に変更が生じた場合は、別途お知らせいたします。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259