HOME > 学科・専攻紹介 > 卒業生インタビュー【特集】
学科・専攻紹介

卒業生インタビュー【特集】

栄養士を目指したのは...自身の経験があったから

吉田麻美さん吉田 麻美 さん 日清医療食品株式会社(小嶋病院勤務)
(2009年度 栄養士専攻卒業)

 今の会社を選んだ理由は医療・福祉に特化しているから。それに興味を持ったのは、学生時代の経験があったからです。
私は中学・高校と陸上をやっていました。結果が出ずに悩んでいた時、先生に栄養指導をしてもらいました。すると、体重も落ち、タイムも上がりました。この経験があったからこそ、栄養士に興味を持ち、名古屋文理大学短期大学部への進学を決めました。
 短大ではスポーツ栄養のゼミに入りました。その中で臨床栄養学も学び、その面白さに気づきました。

 今の職場では献立も考えているのですが、学生時代に使っていたノートは今でも献立作成に役立っています。

 社会人3年目の時には管理栄養士も取得しました。仕事をしながらの勉強は大変でしたが、問題が机上だけでなく、実体験として身近に感じられ、より興味を持って勉強できました。そこは、短大(栄養士過程)から管理栄養士を取得するメリットだと思います。
 今後の目標は1食1食を大切にすることを忘れず、利用者様に喜んでもらえる食事を提供し続けることです。


栄養士・管理栄養士として10年のキャリアを持つ吉田さん。小児科や老人施設での勤務経験もあり、そのすべてが今の仕事にも役立っているそう。「今の仕事が楽しい!」という彼女。今後の活躍に期待します。

勉強できる環境を有意義に

世古口真侑

世古口 真侑 さん 愛知県公立小中学校勤務
(2019年度 栄養士専攻卒業)

 この職業を選んだ理由は、「人と関わる仕事」がしたかったから。だからこそ、実際に給食を食べている生徒の声を聞けることはとても楽しみであり、やりがいです。 
 私の主な仕事は食に関する指導をすること。給食の時間に各教室を回ったり、栄養に関する掲示を作成したりしています。他校の栄養教諭と合同で献立作成会議などにも参加します。
一校に一人の栄養教諭。同じ教科担当同士で相談する機会が少ないからこそ、在学中にまとめたノートは今でも役立っています。


 短大は2年間と短いです。その時間をより充実したものにするために、分からないことはすぐに先生に質問していました。また、名古屋文理大学短期大学部には短大では珍しく、ゼミがあります。私は解剖のゼミに所属し、イカの解剖などをしました。これは、高校までの授業ではなかなか経験できないので、とても面白かったです。栄養教諭としては働くうえでも、生徒や他教科の教員との会話にこの経験は生きています。
 短大の2年間は学びたいことを思いっきり勉強できる期間です。その時間を大切に充実した学生生活を送って下さい!


黒板の前に立つと、生き生きとした表情をする世古口さん。将来の目標は、「自分と関わった子が、生涯健康で生活の質を高められる人生を送れるような食育をしていくこと」だそうです。

名古屋文理大学短期大学部では、栄養教諭二種免許を取得することが可能です。教育現場に興味がある方は挑戦してみてはいかがですか。

「これが好き!」を大事にしてほしい

石元未来翔

石元 未来翔 さん 株式会社オールハーツ・カンパニーANTIQUE豊田店
(2018年度 製菓専攻卒業)

 マジカルチョコリングでお馴染みのアンティークに勤務して2年になります。この仕事を選んだ理由は「手で何かを作ることが好きだから」。そして、学生時代のアルバイトを通して「人と関わる楽しさ」を知ったから。

 私の主な業務はパン製造ですが、お店に並ぶ全種類のパン作りに携わっています。何度もパンを求めて来店されるお客様がいることはとても嬉しいですし、仕事をするうえで励みになります。


 また、パンを作るうえで細かい作業もあるので、短大時代の和菓子実習やマジパン・シュガークラフト実習も今の仕事に生かされています。
 仕事で大変なことは朝が早いこと。けれど、慣れてしまえば大丈夫です。次の日がお休みの日には友達とご飯に行ったりもしていますし、終業時間が早い分、午後の時間は充実します。将来について考えるとき、「趣味と仕事は違うから...」と思うこともあるかもしれません。それでも「自分が好きなこと」を大事にしてほしいです。


「今後もこの仕事を続けたいですか?」の問に「はい」と元気に言っていたのがとても印象的でした。四国出身の石元さん。なぜ名古屋に来たのかの質問に「程よく都会で住みやすそう」とのこと。他県出身者もたくさんいる本学。確かに名古屋は住みやすい街なのかもしれないですね。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259