HOME > お知らせ > 稲沢市健康フェスティバルで後藤ゼミ生が食育活動をしました
お知らせ

稲沢市健康フェスティバルで後藤ゼミ生が食育活動をしました

2018年10月12日

 平成30年10月7日(日)稲沢市健康フェスティバルが稲沢市保健センターにて開催され、地域における栄養教育の実践から研究報告まで一貫して学んでいる本学 健康栄養学科 後藤千穂准教授のゼミ生8名がヘルスメイトコーナーのスタッフとして参加しました。

 本活動は野菜摂取量が男性全国最下位、女性45位の愛知県(平成28年国民健康・栄養調査結果)において、野菜摂取量の増加を目的とした食育活動であり、食生活改善推進員(ヘルスメイト)と学生のコラボで野菜の摂り方を提案しました。

 学生が参加者に対し厚生労働省が推奨している1日の野菜総摂取量350gを摂るポイントとして野菜70gを1皿として、1日5皿(70g×5=350g)食べることで、摂取する野菜量がわかりやすくなることや、生野菜だけでは毎日継続して摂取することが難しいため、茹でる・煮る・揚げるといった加熱をし、調理方法を工夫することが大切であると実物の野菜や実物大のフードモデル等を使用して紹介しました。
 また、参加者が家庭でも実践できるよう学生が考案したオリジナル野菜レシピ「サラダいなり」「キャベツのたっぷりレンジシュウマイ」「大根ギョーザ」「もやしの佃煮」「切り干しナポリタン」等のレシピ配布を行いました。「サラダいなり」は今年9月に開催された愛知県民が食べたくなるサラダ「あいちサラダめし」を考案する大学生レシピコンテスト(9大学27グループ出場)での優勝作品でもあることから参加者からの注目を集めていました。

 本活動に参加した学生は「自分たちを学んできたことを一般の方たちに披露するのは初めての経験で、野菜の大切さを理解してもらえるように上手く説明できるのかとても不安でしたが、イベントを無事にやり遂げることができ、自信が付きました。」「自分たちが考案したレシピを通して野菜の美味しさや、摂取することの大切さを多くの人に発信し、野菜摂取量増加に繋げたいです。」と語っていました。


一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

学生ポータル

図書情報センター

ぶんり

紹介ビデオ

ソーシャルメディア

情報公開

名古屋文理大学外部認証評価結果報告

  • 稲友会(同窓会)
  • 学生自治会
  • 名古屋文理大学短期大学部
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844