HOME > 大学案内 > 学部学科の教育研究上の目的と3つのポリシー(3つの方針)
大学案内

学部学科の教育研究上の目的と3つのポリシー(3つの方針)

名古屋文理大学の各学部学科の教育研究上の目的

健康生活学部

 健康生活学部は、物・サービス・情報が過剰ともいえる現代社会の中で、人々が心身ともに健康で“質の高い生活”を送るために必要な知識と見識を備え、 食と栄養に関わる様々な課題に科学的に取り組み、問題解決を図ることのできる人材を育成する。 

  •  健康栄養学科

 健康栄養学科は、人々の健康の維持・増進、疾病の予防と治療を目的として、 様々なライフステージや臨床的要請に対応した栄養学の幅広い知識と技術を身につけ、的確な指導と教育を通して人々の健康な生活に貢献しうる管理栄養士を育成する。 

  •  フードビジネス学科

 フードビジネス学科は「食」の安全・安心を基軸におき、食品学や調理学をはじめ、食品の製造-流通-消費の過程に関わる知識や、多様な食生活や食文 化に関わる幅広い知識を学修した後、高度な専門知識を備えた職業人となるための明確なキャリアデザインに基づき体系的にフードビジネスの専門知識を身につけることにより、食品メーカー、食品流通業、フードサービス業などのフードビジネスの各分野で活躍できる応用力、実践力のある人材を育成する。 

情報メディア学部

 情報メディア学部は情報の持つ社会的役割を多面的に教育研究し、情報社会で不可欠な情報システムやネットワークに関する知識と技術を身につけ、情報活用能力、コミュニケーション能力、創作能力を磨き、社会で実践的な活動ができる人材を育成する。 

  •  情報メディア学科

 情報メディア学科は、幅広い情報を自在に取り扱える能力を身につけ、複雑な現代社会で求められる問題解決能力、企画・立案能力、文化創造力を養う。情報システムの仕組みや特性を理解し、それらが持つ文化・社会への影響に十分配慮しながら、情報システムの構築やコンテンツの創造、企画・コミュニケーションに関わる総合的な能力の育成をめざす。

名古屋文理大学3つのポリシー(3つの方針)

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

大学ディプロマポリシー

 名古屋文理大学学士は、国内のみならず世界に対して、その学位を持つ人が名古屋文理大学を修了したことを証明するものですから、立学の精神に則った知識・技術と人間力を修得した人に与えられるものです。各学部学科に所定の期間在学し、学部学科の教育理念・教育目標に沿って設定された授業科目を履修して、基準となる単位数を修得し、総合的な学修経験を積むことで創造的思考力を培い、人間力を高め、学士試験に合格することが学位授与の要件です。 

健康生活学部ディプロマポリシー

 21世紀の健康・生活の課題の多くは、生活のあり方やわれわれを取り巻く自然・社会・環境にその原因があると指摘されています。世界でも有数の長寿国となり、物・サービス・情報の豊かな社会の中にあって、人はなお一層「質の高い人生」を送るために、健康でありたいと願っています。

 健康生活学部では、「食と栄養」を教育研究の基本にして、「栄養と健康」や「食とそれをとりまく生活・経済」を科学的・総合的に探究し、健康な人生をすごすための様々な課題に取り組み、解決することのできる人材を育てることをめざしています。このことは国民の健康維持を食と栄養の両面から担い、生活習慣病を減少させることでもあるのです。「食と栄養の殿堂」を目ざす本学部の教育を受け、各学科が定める卒業要件総単位数を修得した学生に卒業を認定し、学位を授与します。

  •  健康生活学部健康栄養学科ディプロマポリシー

 健康栄養学科は、人々の健康の維持・増進や、生活習慣病などの予防のための栄養学の幅広い知識と技術を修得させます。

  1. 「生物と化学」「社会・環境と健康」「人体の構造・機能および病気の成り立ち」「食べ物と健康」「食品衛生」「調理」など、食べ物と栄養を理解するための基礎的知識と技術を身につけます。
  2. 「基礎および応用栄養学」「栄養教育」「臨床栄養」「公衆栄養」「給食経営管理」「臨地実習」などの栄養に関する専門知識や応用技術を、講義、演習、実習などによって身につけます。
  3. 国語、数学、英語など多くの基礎科目を修得し社会人としての基礎教育を身につけます。

 これらのことから、病院、福祉施設、給食施設、食品業界、あるいは学校や官公庁など様々な社会の場で、人々の健康の維持・増進、病気の予防・治療を栄養と食事の両面から担うために、栄養に関して科学的、実践的な能力を身につけた管理栄養士を養成します。また必要な知識・技術を身につけ、学科が定める卒業要件単位数を修得した学生に学士(栄養学)を授与します。

  •  健康生活学部フードビジネス学科ディプロマポリシー

 フードビジネス学科は「食」にかかわる生産から消費までの各分野について学び、将来、「食の安全・安心」を基盤にした豊かな食生活を支えるフードビジネスの世界(食品メーカー、食品流通業や外食産業など)で活躍できる人材となるように下記の学識・能力を深めます。

  1. 「食」の生産から消費にいたる学理にもとづく専門的な知識を修得します。
  2. 「食」の本質や食文化の理解、ホスピタリティの精神、マーケティングの知識を身につけます。
  3. 調理、フードコーディネート、サービスをはじめとする実践的な技能とインターンシップや地域社会・企業との連携による実践力を身につけます。
  4. 専門的知識を活かしたフードビジネスの基礎としての企画力、コミュニケーション能力および問題発見・分析・解決能力を身につけます。
  5. 生活様式の変化にともなう食生活の変化に対応する、食の供給・流通方式の変革を目ざします。
  6. 「食品メーカーコース」「食品流通コース」「フードサービスコース」に配当された専門科目を履修し、それにより社会における自らの役割を理解し、進路にふさわしい学識・教養を備えます。

 これらの知識・能力を身につけ、卒業要件単位数を修得した学生に、学士(フードビジネス学)の学位を授与します。

情報メディア学部ディプロマポリシー

  • 情報メディア学科ディプロマポリシー

情報の社会的・文化的機能に注目し、その作用と効果を多面的に捉え、高度情報化社会で不可欠な情報システムやネットワークに関する知識と技術を身につけ、情報活用能力、コミュニケーション能力、創作能力を磨き、社会で実践的な活動ができる人材を育成します。専門教育は「情報システム」「映像メディア」「サウンド制作」「メディアプランニング」の4つの専修コースを設定し、それぞれの学修内容を深めて専門的な技術を修得すると共に、他のコースなどの学修も十分に行い、複合スキルを身につけます。また、以下に挙げる基礎学力・社会人基礎力を養成し、人間力を高めます。

  1. 基礎学力の養成:あらゆる学びの根幹をなす基礎学力の修得を支援し、学びの質を高めます。
  2. 社会人基礎力の養成:グループ活動を企画・体験し、主体性、コミュニケーション力、協調性を養成します。

 これらの知識・能力を身につけ、卒業要件単位数を修得した学生に、学士(情報メディア学)の学位を授与します。

 

専修コースで学ぶ内容は以下のとおりです。
(1)情報システムコース
 社会を動かす情報技術者を育成します。モバイルアプリやゲームなどユーザ向けシステムのほか、様々な仕事や社会インフラのための情報システムを開発・運用管理できる高度なシステムエンジニアや、情報システムの企画提案ができる情報ストラテジストを養成します。情報科学の知識をベースに、プログラミングやシステム開発の手法、ネットワークやデータベース、情報セキュリティやシステム運用管理などの知識や技術を身につけます。
(2)映像メディアコース
 映像制作を中心として、アニメーション、CG、放送制作などを学びます。映像や静止画像に対する芸術的感性と、作品を構成するための企画力を活かし、ショートムービーや放送番組などの映像作品を制作します。色彩についての基礎知識を身につけるほか、プログラミング技術なども併せて修得し、幅広い分野で活躍することのできるビジュアル・スペシャリストを養成します。
(3)サウンド制作コース
 音響技術・楽曲制作を中心として、サウンド制作に関するさまざまな知識と技術を学びます。音・音楽に対する繊細な感性や各種機材を扱うことのできる素養、また、音楽についての基礎的能力を活かして、MIDI技術やレコーディング技術を用いた音楽・音作品を制作し、音響機器の操作や音響のセッティングについて習熟します。舞台や放送で活躍できる音響技術者、サウンドクリエータ、音源開発エンジニアなど、サウンド関連のスペシャリストを養成します。
(4)メディアプランニングコース
 ウェブを利用したマーケティングが一般化する現代において、旧来のマーケティングやメディアの世界と新しいテクノロジの橋渡しができる人材の重要性が高まっています。本コースでは、従来のマスメディアを中心としたコミュニケーション手法に加えて、ウェブ上でのプロモーション手法やデータ解析を学びます。マーケテイングセンスや企画・演出力を身につけた、メディアリテラシーの高いビジネスパーソンを育成します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

大学カリキュラムポリシー

 名古屋文理大学は立学の精神に基づき、各学部学科において新しい時代にふさわしい知識や技能の修得、さらに信頼される専門家になるための人間力の養成をめざした教育課程を編成します。立学以来の教育方針として以下の項目を挙げています。(1) 学問と技術の練磨:21世紀に貢献する科学文化を、基礎、応用の両面にわたって修得させ、教養を高め、識見を深める、(2)心身の強化:精神力と健康の重要性を体得し、自由と責任を重んずる精神と強健な身体の育成につとめる、(3)思索力の養成:古今東西の文献に親しみ、思索を重ね、自らの価値観を創造すると同時に、優れた判断力を養う、(4)品性の陶冶(とうや):豊かな情操をつちかい、規律を守り、礼節を貴び、堅実にして高邁な人間性を育てる、(5)正しい人生観の涵養(かんよう):広く世界の歴史と文化を学び、よき伝統を認め、将来の動向を洞察して、正しい歴史観と人生観を確立する、(6)信頼される日本人の育成:人間の尊厳を知ると共に社会生活のあり方をよく認識して、国家の発展と人類福祉の増進、世界平和の実現に寄与する。

この教育方針のもとで、

  1. 各学部学科の専門教育科目においては、学修した分野の専門家として社会に貢献できる専門知識と技術を修得します。
  2. 各学部学科の基礎教育科目においては、専門性を支える基礎学力さらに専門性を広げることの出来る基礎知識を修得します。
  3. 専門および基礎教育科目の中での基礎ゼミナール、卒業研究、卒業演習などにおいては、指導教員のもとで研究や演習を進めるとともに、大学での学生生活や学修をスムーズに行うためのコミュニケーション力を養成します。
  4. 教養教育をおこない、専門家としての歴史観、人生観、倫理観、および使命感を含む総合的な人間力を養成します。
  5. 全学的組織である基礎教育センターにおいては、言語力、論理力、数的処理を中心に学修し大学で学ぶための意欲醸成と基礎力を強化します。
  6. キャリア支援センターにおいては、就職活動に求められる資質である、自分自身のこと、学習・学生生活、修得した専門性、取得した資格等を説明したり表現したりできる能力やコミュニケーション能力を養成します。

健康生活学部カリキュラムポリシー

 健康生活学部は「食と栄養」を柱とし、“栄養と健康”や“食とそれをとりまく生活・経済”の科目を中心とした教育課程を編成しています。教育課程は専門教育科目と基礎教育科目から構成され、専門科目では「食と栄養」、「栄養と健康」、「食と生活・経済」に関する各学科の特色となる科目が配置され、基礎教育科目では人間と文化への理解、自然科学への理解、コミュニケーション技術や情報技術などを学べるよう科目が配置されています。また4年次には卒業演習や卒業研究をおこなっています。 

  •  健康生活学部健康栄養学科カリキュラムポリシー

 高い専門性と科学的な根拠に基づいて人々の健康を支援し、栄養指導や栄養管理ができる能力と豊かな人間性を兼ね備えた管理栄養士の養成を目ざしたカリキュラム編成になっています。

  1. 1年次では大学で必要な国語や数学の基礎知識を確実に修得するとともに、生物や化学を中心とした理科基礎教育を重点的に学んでいきます。これらの基礎教育科目に加えて、「基礎栄養学」や「調理学」等の専門科目の修得を開始し、幅広い教養の着実な修得とともに21世紀に求められる管理栄養士像を各自が描いていきます。
  2. 2年次では、「基礎・応用栄養学」「生化学」「解剖学」「食品学」「加工食品学」「食品衛生学」およびこれらの実験など管理栄養士課程の専門基礎分野を重点的に学んでいきます。豊富な実験や実習を通して専門基礎の知識と技術の理解を深め、確実なものとします。
  3. 3年次では管理栄養士課程の専門分野、すなわち「栄養教育」「公衆栄養学」「臨床栄養学」「病態栄養学」「給食経営管理学」と、それらの実習を通じて専門知識とそれを活用する実践力を身に付けます。さらに、身につけた実践力を外部における「臨地実習」で確かなものにします。
  4. 4年次では「臨地実習」「卒業演習」「総合演習」等を通して、管理栄養士として求められる専門知識と技術を統合する能力を培い、管理栄養士国家試験合格に向けて重点的に取り組みます。これによって、実社会に向かっての専門知識・実践力を集大成します。
  •  健康生活学部フードビジネス学科カリキュラムポリシー

 フードビジネス学科の教育方針は、基礎学力の上に構築される幅広い教養と専門知識および技術の修得にあります。

 専門教育科目は幅広くフードビジネスを学ぶ専門基礎科目と食品メーカー系、食品流通系、フードサービス系の3つのコースの特色ある専門科目によって構成されています。幅広くフード系及びビジネス系の専門基礎科目を学び、それによって深い関心を持った分野を特に集中して学び、将来の進路へと繋げることがコース制の狙いです。コース内の科目は、実務に精通した教員を配置し、講義や演習によって充分な学習成果を得られるようにしています。各コースでは業界から講師を招いておこなう講座や企業と連携して学生の力を試すことのできる講座や演習を設けます。
 本学科の特色として、フード系の実験・実習の多様性があり、7科目を配置しています。これらの実験・実習科目を含んで所定の科目を履修することで、卒業時にはフードコーディネーター3級が認定され、フードスペシャリストの受験資格が得られます。またサプリメントアドバイザー認定試験の優遇措置があり、受験のサポートを行います。
 このような方針に基づき、各学年の到達目標として下記の教育目標を定め、これに基づいた学習の指導を行います。

  1. 1年次には、日本語力及び数的処理能力の強化科目、大学生としての教養科目、グローバルコミュニケーションの手段としての語学および情報技術の分野の基礎教育科目を学びます。さらに専門科目の土台となる科目を履修します。学生は少人数のフレッシュマンセミナーに全員が所属し、大学生活への順応、勉学の方法、将来の展望などについて話し合い、議論します。
  2. 2年次には、テーマに沿って、自主的に研究を進めるための基本的な考え方や技法を学ぶ基礎演習が開講されます。専門基礎科目のほかにコースに沿った専門科目を履修するとともに、卒業時には認定を受けられるように認定資格のための科目を履修します。さらに取得したい資格を目標に学習プランを策定します。
  3. 3年次には、フードビジネスの基礎となる知識をさらに積み増していき、選択したコースにあった指導が受けられる専門演習で学び、専門的知識を深めます。
  4. 4年次では、それまでに学んできたそれぞれのコースの専門科目の知識をさらに深め、卒業演習でその仕上げをして卒業研究へと導きます。また、選択したコースのみでなく他のコースにおける科目も積極的に学んでいきます。

情報メディア学部カリキュラムポリシー

  • 情報メディア学科カリキュラムポリシー

 情報メディア学科では4つの専修コースを設けています。1年次に情報とメディアに関する多様な研究分野の基礎を学び、後期に専修コースを選択して、2年次より各コースのカリキュラムに従って学んでいきます。学年ごとの教育目標は下記のとおりです。

  1. 1年次では情報システムやメディアコンテンツ・メディア技術、またメディアプランニング業務に触れ、多種な研究分野を知ることにより、情報メディアの概要を学びます。自分で科目を選択して学修計画を作成し、技能と知識を学び取る姿勢を養い、情報メディアに関する基礎的知識を修得して、後期に専修コースを選びます。
  2. 2年次では各自の選んだ専修コースのカリキュラムに従って、情報メディアに関する基礎的な知識と専門技術の素養を身につけます。情報システムの開発、映像コンテンツの制作・サウンド制作、メディアプランニングに関する調査のうち少なくともひとつを実践します。
  3. 3年次では各コースのカリキュラムによって、情報メディアに関する専門知識を深め、技能を高めるとともに、広い教養を身につけます。コースや複合スキルを意識した学習の実践とキャリアデザインに即した専門知識を修得します。また、プロジェクト学修を通じて、専門の枠を超えた取り組みの成果を発表します。
  4. 4年次では卒業研究・卒業制作を通して、各自の目標を成し遂げていきます。情報システム技術者・映像や音響などのメディアコンテンツ制作者や技術者、広報担当者・メディアプロデューサーなど目標とするキャリアの実践力を身につけます。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

大学アドミッションポリシー

 名古屋文理大学は「食と栄養と情報の教育・研究」を柱として、年齢・国籍等を問わない多様な学生を受け入れる「ユニバーサルアクセス型」の学校をめざしています。名古屋文理大学で養成された能力を生かして将来社会の様々な分野で働き、社会に貢献していく人を求めています。大学では教養科目や各学科の基礎科目、専門科目を履修するための知識、技能、思考力、判断力を有し、学修活動を主体的にまた恊働的に進めていく能力が求められます。その判定のため、AO、推薦、一般試験、センター試験利用などの様々な視点からの試験を用意し、入学者を選抜します。

健康生活学部アドミッションポリシー

 健康生活学部は「食と栄養」を教育・研究の基本として、「栄養と健康」や「食とそれをとりまく生活・経済」を科学的・総合的に探求し、人々の健康で質の高い人生に貢献する人材を育成することを目指しています。健康生活学部では、各学科での「食と栄養」「栄養と健康」「食と生活・経済」に関する専門領域の学修に意欲をもって取組み、専門家として必要な知識・技能と教養を身につけようと強く希望する人を求めます。

  • 健康生活学部健康栄養学科アドミッションポリシー

「人々の健康の維持・増進や、生活習慣病などの予防を目的として、栄養学の幅広い知識と技術を身につけ、的確な栄養指導と栄養教育をおこなうことで、人々の健康な生活に貢献する管理栄養士を養成」というディプロマポリシーにもとづき、次のような人を求めます。

  1. 管理栄養士として社会に貢献したいという意欲を有する人
  2. 健康、栄養および食に関して強い興味と学習意欲を持っている人
  3. 人に対する思いやりの気持ちを持ち、コミュニケーションがとれる人
  4. 全科目の学習の基盤となる読解力・文章力・計算力の基本を身につけている人
  5. 専門科目の学習の基盤となる生物・化学などの基本を身につけている人
  • 健康生活学部フードビジネス学科アドミッションポリシー

 消費者への「食」の情報は一方では簡便さを追及し、他方ではスローフードの特集がなされ、さらに食の安心・安全など広範かつ膨大な量がもたらされます。豊かな食生活とは贅沢に飽食することではなく生活全体を考えることにつながる問題です。それも日本だけの問題ではなく、グローバルな視点も必要とされています。

 フードビジネス学科では、「食」のビジネスに携わる人材を育成するに当たって、次のような人を求めます。

  1. 「食」に深い関心を持っている人
  2. 食品製造・流通・販売などの幅広い学問領域を学ぶ意欲のある人
  3. 将来、ビジネスの世界で活躍したい人
  4. 相手の立場を思いやることの必要性を認識し、チャレンジ精神に溢れている人
  5. 勉強・スポーツ・課外活動などに積極的に取り組んできた人

情報メディア学部アドミッションポリシー

  • 情報メディア学科アドミッションポリシー

 情報メディア学科では、「情報システム」「映像メディア」「サウンド制作」「メディアプランニング」の4コースを設定し、「高度で複雑な情報社会で力を発揮し、自分の夢を実現して社会に貢献できる人」を育成します。「自ら問題意識を持ってその解決に挑む意欲にあふれ」、「感性が豊かで、作品の共同制作や社会的に価値のある情報コンテンツの発信に意欲的」または「人間の行動や心理、社会の出来事に関心を持ち、人とのコミュニケーションに積極的」で、下記の少なくとも1つに当てはまる人を求めます。

  1. 「情報」に関心が高く、情報技術の活用に意欲的な人
  2. 「数学」「工業」「商業」などの教科に関心が高く、プログラミングや情報システムに興味のある人
  3. 「芸術」・学校祭・課外活動などで、“ものづくり”や“企画”に積極的に取り組み、映像やサウンド制作に関心のある人
  4. 「現代社会」に関心が強く、ニュースや出来事を積極的に調べ、市場調査やWeb解析に興味のある人
  5. 「国語」の力に加え、調べる、表現するなどの基本的な能力を備え知的好奇心にあふれた人
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844