HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : 健康栄養学科 > 健康栄養学科ブログ > スチコン体験セミナーを開催しました
健康栄養学科ブログ

スチコン体験セミナーを開催しました

RSS 2018年01月12日

健康栄養学科1年生を対象に12月14日、12月21日に分けて東邦ガス株式会社業務用ショールームでスチコン体験セミナーを開催しました。

スチームコンベクションオーブンとはファンの付いたオーブンにスチームの機能を追加した業務用の調理機器で、「焼く」「煮る」「炊く」「炒める」「揚げる」「茹でる」「蒸す」「温める」など、多彩な調理に対応でき、大量調理の現場では必需品です。健康栄養学科では2年生後期から大量調理について学ぶ給食経営管理実習が始まりますが、一足早く体験することが出来ました。

講師は株式会社コメットカトウの上原明美先生です。始めに「スチームコンベクションオーブン」の機能や特徴について講義していただきました。そしていよいよスチコンの体験実習です。各クラスとも3グループに分かれ、キッチンスタジアムで蒸し野菜の和え物、焼きそば、南瓜の煮物、鶏のから揚げ、なめらかプリンの調理を行いました。業務用の調理機器を見るのも触るのも初めてでしたが、上原先生の指示で次々と料理が仕上がっていきます。スチコンは温度と時間とスチームの量を設定して調理をスタートさせると、他の作業をしている間に加熱が終了し、ブザーで知らせてくれるので、作業効率がアップします。約1時間で40人分の料理が完成し、お待ちかねの試食タイムです。蒸し野菜ではシャキシャキした食感と野菜本来の甘みに驚き、焼きそば・鶏のから揚げは水分を逃さないことでジューシーな仕上がりに舌鼓を打ちました。

試食の後は「涼厨(すずちゅう)」という最新の涼しいガス厨房について教えていただきました。実際に従来の涼厨でない調理機器を作動させている部屋と、同じ調理機器ですが涼厨である機器を作動させている部屋とを順番に入りましたが、涼厨の部屋はとても涼しく快適でした。また、作動中の厨房機器に手を触れても熱くないことも大きな点であると思います。ガスの今までのイメージを大きく変える体験でした。

初めてづくしの体験でしたが、2年次の給食経営管理実習でスチームコンベクションオーブンを使うのが楽しみになるほど、大変有意義な講習会となりました。会場を提供していただきました東邦ガス株式会社、講師の株式会社コメットカトウ、上原明美先生に感謝申し上げます。

最新の記事

loading...

>>一覧を見る

イベントカレンダー

loading...
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844