HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : フードビジネス学科 > 実習・ゼミレポート > 調理学応用実習
健康生活学部 : フードビジネス学科

調理学応用実習

関富子先生

創造性を養いながら、オリジナルメニューを考案します。

実習では授業で展開したメニュー(季節・クリスマス・お正月などの行事食、マスコミ対応の料理など)にそって、約45分のデモンストレーションを実施しています。この授業で最も身につけて欲しいのは、食に関する業界で自分の意見を主張し、個性的な創造性を発揮する能力。学生の面白い発想を全学生に披露するなど、個々の創造性を伸ばすことを大切にしています。また、新校舎の新しい実習室で最新機器の教育環境が整います。

~ プロフィール ~
とみ子お料理教室主宰。メーテレ土曜日放送の「昼まで待てない!」や、中京テレビ「リアルタイム」金曜日放送の「食卓の秘密」など、テレビでもおなじみ。

実習の流れ

初期

毎回の実習で、一人ひとりの調理技術を磨いていきます。

中期

楽しいオリジナルメニューを開発するトレーニングも行います。

後期

さらにオリジナリティあふれるメニューを開発。最後の授業では、それらのメニューを制作発表。毎年本当に盛り上がる楽しい授業になります。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844