HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : フードビジネス学科 > 実習・ゼミレポート > フードコーディネート論・実習
健康生活学部 : フードビジネス学科

フードコーディネート論・実習

宮坂康子先生

テレビでもおなじみ、宮坂康子先生の実践的授業です。

細分化・専門家が進む現代の食の世界で、それぞれの分野を総合的にコーディネートして、プロデュースを行うのがフードコーディネーターの仕事です。授業では、テーマにそった料理の企画から、調理、コーディネートまでトータルに実習。これらの経験を通じて、料理をより美しく見せる技術や、撮影時のコーディネート術など、プロの技術を学んでいきます。新校舎の新しい実習室で最新機器の教育環境が整います。

~ プロフィール ~
ミヤサカクッキングスタジオ主宰。多くのフードビジネス企業の料理スタイリングを手がけるほか、テレビの料理コーナーにも出演多数。

実習の流れ

初期

社会で求められているフードコーディネーターの役割を理解するとともに、料理の演出などの知識を身につけます。

中期

自分でさまざまな料理の演出法を体験。実際に調理も行い、演出を加えていきます。

後期

自分ならではの個性と創造性あふれる演出を探究、応用力を養います。


Student Voice 健康生活学部 フードビジネス学科 25年度卒業 成田 茉以さん(2013年取材)

幅広い授業で、さまざまな角度から食を学べます。実習も多彩でとても楽しいですよ。

授業では食に関するものが多く、食品流通、プレゼンテーション、調理学、食品衛生学など、とても幅広いです。また学外授業として大手企業の工場見学やフレンチのコース料理を食べながらのマナー講座もあるなど、楽しい授業がいっぱいです。

<フードプランニング>

この授業では、西洋料理と日本料理のマナーやコーディネート、メニュープランについて詳しく勉強していきます。フランス料理、イタリア料理など回ごとにコーディネートもマナーも違うのでおもしろく、友だちや目上の方との食事、デートに向けた事前準備にもなりますよ。

<カフェ実習>

エスプレッソやカプチーノをおいしくいれられるよう、技術を学び繰り返し練習します。ミルクでハートなどを描くデザインカプチーノを一番練習しますが、とても難しいです。でも、絶対に上手くなる!という気持ちになるのでまったく飽きず楽しく集中できます。

<フードコーディネート実習>

テーマに沿った料理を作り、ランチョンマット・お皿・お箸などの小物を自分で決め、コーディネートします。美しく見える技術、コーディネートの技術など、新しいことを毎回教わりますから、次の授業や家で実行すると料理の見え方が全然違ってくるのでおもしろいです。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844