HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : フードビジネス学科 > 実習・ゼミレポート > 商品開発/実践的な授業
健康生活学部 : フードビジネス学科

商品開発/実践的な授業

地元企業とコラボし、数多くのオリジナル商品やメニューを開発
食品業界の第一線で活躍するための、確かな経験と能力を身につけます

NBMS商品開発プロジェクト

p24_nbms.JPG

企業と共同開発で実際に商品化!宣伝や販売も体験し、商品開発の流れを学びます

フードビジネス学科生による産学連携商品開発プロジェクトです。NBMSとは「NB=名古屋文理大学」、「M=メーカー」、「S=株式会社昭和(稲沢市の食品商社)」の意味。学生自身が売り場調査・トレンド調査などをもとに企画書を作成し、商品コンセプト発表会・商品開発検討会などを経て、商社の展示会で宣伝活動を行います。毎年10~20品の新商品を発表し、2013年に開発した「鬼まんマドレーヌ」が、2016年に「外国人100人が選ぶあいち・なごやのお土産コンクール」で受賞されるなど、商品企画力の実績を上げています。

「文理どんぶり!」コンテストの実施

講義や実習で身につけた知識やスキルを発揮、フードビジネス学科オリジナルのコンテスト!

実践力を獲得するため、学科独自のコンテストである「文理どんぶり!」を実施しています。コンテストには学びの成果を活かしたレシピがたくさん出品されます。優秀作品は学生食堂で実際に販売。コンテスト入賞作品が学生食堂で提供されると、いつもすぐに完売し「美味しい!」と学内でも評判です。近年では高校生からもレシピを募集。在学生が高校生からのアイデアに刺激を受けたり、高校生に名古屋文理大学のことを知ってもらうきっかけにもなっています。

一宮モーニング協議会によるモーニングメニューコンテストで入賞!

稲沢市に隣接する一宮市はモーニング発祥の地。
同市では一宮モーニング協議会が結成されています。
2011年9月から10月にかけて、地産地消をテーマとしたモーニングメニューのコンテストを実施し、入賞作品は一宮モーニング博覧会で提供される予定です。フードビジネス学科の学生5名が入賞しました。

ほわ蒸しドーナツデコレーションコンテストを実施!

2011年10月には、敷島製パン(株)とのコラボコンテストを実施。
同社の商品である「ほわ蒸しドーナツ」のデコレーション作品の制作に学生たちがチャレンジしました。
9名の学生が入賞を果たし、同社ホームページに「クリスマス」等がテーマの作品が掲載されました。

アピタと食育イベントを実施!

2005年に食育基本法が成立し、消費者との接点が多いフードビジネス企業による食育推進に期待が集まっています。2008年度より継続して、フードビジネス学科の学生が企画・運営を担う形で、アピタとの食育イベント共催に取り組んできました。
地消を促進する「地域の食育」などの子ども向けイベントを売り場で展開。大学生活で培った企画力・実践力・チームワーク力を学生たちが発揮して、地域の皆様に愛されるイベントに成長してきました。


Student Voice 健康生活学部 フードビジネス学科 27年度卒業 小澤 真洋さん

フード(理系科目)とビジネス(文系科目)の両方をしっかり学べる学科は全国的にもめずらしい!

1年生からさまざまな実習があり、経験と実績のある先生から学べることは強みだと思います。卒業された先輩が「ここで受けた授業は職場で役に立つことばかり」「もう一度受け直したい」と言われるほど、この学科では第一線に近い経験をたくさんできます。

<フードコーディネート実習>

生徒から圧倒的な人気を誇る授業です。その人気の秘密は、学生の感性を活かす自由さ。料理の盛り方、食器、テーブルクロス、撮影する角度など、一人ひとりが自由な発想でコーディネートしていきます。現場経験の豊富な先生が丁寧に指導してくれるので、実践的な力を身に付けることができます。

<調理学実習>

調理の基礎を一から教えてもらえるため、調理経験のない学生にとって強い味方になると思います。調理経験のある学生にとっては基礎の見直しや再確認の良い機会です。実習のレポートや栄養価の計算もあるので、作って終わりにならないところも魅力の一つです。


Student Voice 健康生活学部 フードビジネス学科 26年度卒業 柴田 将誉さん

企業の方から学ぶなど多彩な経験ができるのは、名古屋文理大学のフードビジネス学科だからこそ!

フードビジネス学科では、食品を生産から流通、販売、消費まで幅広い分野で学ぶことができます。この学科だからこそ経験できることがいっぱいあるので、食品に興味のある人にはぜひ、フードビジネス学科をおすすめします!

<企業とコラボでの商品開発>

僕は商品開発をするゼミに入っており、今年の秋に地元メーカーさんとコラボをして、新商品を販売しました。実際に企画しプレゼンテーションを行い、試作をしたりと、まるで自分がそのメーカーさんの社員になったような経験ができました。

<企業団による連続講義>

授業の中には、企業の方が大学に来られて講演や実習をする科目があります。それぞれの企業の理念や考え方を学ぶのはもちろんのこと、普段日常生活では知ることのできないような貴重なお話を聞くことができます。また、どのような人材を求めているのかなど、就職活動に直結することも学べます。

<フードコーディネート実習>

僕は調理師免許を持っていて料理が大好きなこともあり、この授業を毎週楽しみにしていました。実習では一人ひとりが料理を作り、盛り付けやテーブルクロスなどの装飾も自分の感性で決めてコーディネートを行います。誰一人として同じ作品にならないので、ほかの人の作品にとても刺激を受けました。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844