HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : フードビジネス学科 > 学科の特長
健康生活学部 : フードビジネス学科

学科の特長

3つのコースで専門的な実践力を養成。

より専門的な実践力を養成するために、コース制を採用。学びを深めていくことのできるカリキュラム編成と、フードビジネスに関わる多彩な学びによって、食をとりまく厚みのある知識とスキルを身につけることができます。

食品メーカーコース_食品流通コース_フードサービスコース

経営や開業に役立つビジネスに関する科目も豊富。

経営学やマーケティングをはじめとするビジネスの基本となる知識から、チラシやメニュー制作などの効果的な広告戦略の立て方まで、フードビジネスに関わる多彩な実践的手法を修得。販売士などの資格試験にもチャレンジします。

実習系科目にも最新の潮流を反映。

フードビジネスの最前線で活躍する講師陣から、調理やコーディネートなどに関する最新技術を学べます。また、学外へ積極的に飛び出し、「フードビジネスの今」を直接肌で感じることのできる実習も行うなど、常に新しい学びに満たされた4年間です。

■ フードビジネス学科 4年間の学び

1年次

<食品・実務系> 食品に含まれる栄養素、基礎的な知識を習得!

食品によって含まれている栄養素・エネルギー・嗜好性・生理機能の成分が大きく異なること、それらが起こすさまざまな化学変化について学びます。

<調理実習系> 食材の知識から経済面までフードビジネスの基本を学ぶ!

食材の種類や扱い方、盛り付けなどの基本的な調理技術と実践的な知識はもちろん、メニュー提案・開発できる能力を身につけます。また衛生面や経済面などの正しい理解と認識を深め、応用力も養います。

<ビジネス系> 飲食店の経営に活用できるさまざまな技術を身につける!

企業の財務情報提供を目的とした会計分野や、基本的な英語力の向上を図る語学分野での学びにより、仕事で役立つ実践力を身につけます。

2年次

<食品・実務系> 身近な食品を題材にした定性実験と定量実験!

栄養素の特性を学ぶとともに、食品学実験がどのようなものであるかを体験。基本的な器具の取り扱いや実験室での安全管理など実験の基礎も習得します。

<調理実習系> 実践で学ぶ、フードコーディネートの役割。

実際に料理や菓子をつくり、盛り付けなどを通して美的センスの大切さを学びます。また人気のカフェ実習ではエスプレッソマシーンを使った実技・制作を行いながら知識・技術を習得していきます。

<ビジネス系> 「モノを売る」ためのマーケティング力を養う。

マーケティングについての基本的な考え方から最近のトレンドまでを見渡し、マーケティング戦略の立案に必要な基礎的な知識の習得を目指します。

3年次

<食品・実務系> フードスペシャリストに必要な知識を深めていく。

主に食品の鑑別について学びます。各食品評価法の特徴とメリット・デメリットを理解し、適切な評価法を選択できるようになることが目標です。

<調理実習系> 時代のニーズに合わせた幅広い知識と技術を習得!

調理の基本を踏まえ、技術の向上と時代のニーズに合った幅広い知識を実践的に学びます。洋菓子・和菓子製造の基礎と衛生についての理解を深めるとともに、製菓機器の取り扱い方、製菓製パン技術を身につけます。

<ビジネス系> 消費者の行動要因を理解し商品開発や販売戦略を考える!

人々の消費行動の要因には多面性があります。正確な要因を理解するためにも、多様な視点を持つことや、経済学と心理学を融合した理論などを勉強します。

4年次

<食品・実務系> 新たな食品表示法に関する調査研究。

特定保健用食品や栄養機能食品、その他の健康食品の新しい制度に関する調査研究を行います。

<調理実習系> 「文理どんぶり!」レシピコンテストを開催。

講義や実習で獲得した知識・技術を競い合う場が、フードビジネス学科「文理どんぶり!」レシピコンセプトです。優秀作品は実際に学生食堂で提供されます。

<ビジネス系> 卒業演習は個々の興味や知識を深めるチャンス。

食品貿易における世界と日本の関係性を学ぶ「卒業演習Ⅰ」や、フードビジネスの企業を多面的に調査・分析研究する「卒業演習Ⅱ」など、興味のあるテーマを探究できます。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844