HOME > 学部・学科紹介 > 健康生活学部 : フードビジネス学科 > 学びの履修モデル > 食品メーカーコース
健康生活学部 : フードビジネス学科

食品メーカーコース

食品メーカーコース生活様式の変化に伴う食生活の多様化に対応するため、複雑化し拡大している加工食品分野について、食品製造の歴史や各業界の特徴、製造に関する専門知識を学びます。

食品学ゼミ 成田 裕一先生

p21_narita.jpg

商品の成分や、調理の際に起こる変化を「科学」の面から読み解きます。それぞれの研究テーマに沿った論文をゼミ生で輪読し、実際に実験も行います。

食品関連法規 杉山 立志先生

社会情勢によって変化する法律を学び、安心して食品を提供するための知識を身につけます

p21_sugiyama.jpg

加工食品は、食品衛生法や健康増進法など複数の法律に基づいて表示されています。授業では食に関連した法律の解説や法令違反の例を取り上げ、法令への理解を深めていきます。

商品開発関連 中村 麻里先生

現場と同じ工程で、商品開発に関する基礎知識を習得します

p21_nakmura.JPG

食の商品開発の流れや必要な知識・スキルの基礎を学ぶ授業です。企画から市場調査、プレゼンテーションまでの一連の作業をチームで行い、食品関連企業で必要となる総合的な力を養います。

「食品企業ミニ講座」東海地区食品関連企業連絡協議会のコラボレーションについて(実績)

東海地区食品関連企業連絡協議会とは、食品関連企業等の発展と消費者の健全な消費生活の確保を図ることを目的として、東海地区の食品関連企業等によって構成された組織です。平成25年の11月16日には、東海地区食品関連企業連絡協議会とフードビジネス学科が共同し、「食品情報を正しく知ってちゃんと食べよう!」をテーマに講演会を実施しました。また、同日には東海地区食品関連企業連絡協議会加盟企業による「食品企業ミニ講座」をフードビジネス学科の学生が受講しました。

コーミ株式会社「トマトケチャップをつくろう!」
株式会社 明治「牛乳の知識と体験企画」
カネハツ食品株式会社「おせちのいわれ」
金印株式会社「わさびの健康・美容パワー」

フードビジネス学科成田ゼミの学生が東海地区食品関連企業連絡協議会 加盟企業との意見交換会を実施されました。

「あいち食育サポート企業団」と食育講座を共同開催(実績)

「あいち食育サポート企業団」とは、食育支援活動に取り組むことを目的に、愛知県発祥の食品関連企業が平成19年に結成した団体です。平成24年度には、あいち食育サポート企業団とフードビジネス学科が連携し、食育講座「おいしく、たのしく、食育。 あいち食育サポート企業団食育講座」を共同開催。学生たちは食品の製造工程や特性等、最前線の知識を学びました。

取得を奨励する資格

<フードコーディネーター>

「フードコーディネーター」資格は新商品開発やパッケージ制作等、食品メーカーにおける幅広い業務に役立ちます。

<食品表示検定>

食品表示は食品情報の宝庫であり、生産者、メーカー、起業に必要な専門知識を学びます。

<NR・サプリメントアドバイザー>

「NR・サプリメントアドバイザー」資格の取得では、ますます需要が高まっている機能性食品のプロフェッショナルをめざします。


ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844