HOME > 学部・学科紹介 > 基礎教育センター
学部・学科紹介

基礎教育センター

高度な学びへと飛躍するために、
「基礎教育センター」で基礎力を育成。


新しい知識を学び、自分のチカラに変えていく。
学んだことを組み合わせて、課題への新たな解決策を導き出す...。
大学で高度な学習を行い、それを真に自分のものにしていくためには、バランスの取れた基礎力が欠かせません。
平成24年度に開設された基礎教育センターは、学生一人ひとりに最適な基礎力育成を行う専門組織です。
「日本語力」と「数的処理」という2つのアプローチで、すべての学びの基盤となる論理的な思考力や問題解決力、伝達能力を養います。

学習カルテですべての学びが連携

学生一人ひとりの学力の特性や伸び方が一目でわかる学習カルテを介して、「基礎教育センター」「授業」「キャリア指導」が三位一体となった最適教育を実現。効果的な学習指導で、それぞれの能力を大きく引き出します。

楽しく、学ぶ、考える。

基礎教育センターでは、新入生が大学での学習に意欲的に取り組めるよう、さまざまな工夫を凝らした授業を用意しています。
たとえば日本語力Ⅰ・Ⅱでは、絵や物を見て、それを言葉で表現する文章デッサンを行ったり、プロのアナウンサーから発声法の基礎と話し方を学んだり。
また数的処理Ⅰ・Ⅱでは、マーフィーの法則を実験を行って確かめたり、おにぎり1個分のお米を育てるのに必要な水の量を計算したり。頭と体を同時に使って、身近で具体的な問題を先生や友達といっしょに考え、学んでいきます。
じっくり時間をかけて楽しく学びながら学生のやる気に火をつけます。
(一年次全学科必修科目)


point 1 興味のあることだから、やる気が高まる。

本学には3つの学科があり、在籍する学生たちの興味・関心も学科によって異なります。そのために、学科ごとに関連する内容を盛り込みながら問題を作成。たとえば健康栄養学科の学生では、授業で行う化学実験をもとにそこで得られたデータを数学的に処理。またフードビジネス学科では、地産地消の経済的なメリットなど食品産業に関する数値を分析。また情報メディア学科ではゲーム理論をもとに数理を学ぶなど、各自の学びに身近な内容とすることで、学習意欲を高めています。

point 2 繰り返し学ぶから、理解が深まる。

数的処理のひとつとして学ぶ「平均」の考え方を例にあげると、身長の分布のように山が1つのときは単純平均を求めることができますが、山が2つあるような分布では別の処理が必要になります。このようにひとつの知識を得たからといって、それで完全というわけではなく、さまざまな問題を繰り返し解くことで本当の理解が進んでいきます。基礎教育センターでは、いろいろな例題を繰り返し解いていくことで、多角的に問題を分析し理解を深めていけるカリキュラムが用意されています。

point 3 みんなで学ぶから、勉強がすすむ。

基礎教育センターの授業は基本的に講義ではなく、実際に問題を解いていく演習形式です。しかも一緒に考えて学び合うという方針で、教室には2名以上の先生がつき、先生や友だちと自由にディスカッションをしながら問題を解いていきます。一人で黙々とやるのではなく、みんなで考えることで新しい発想が生まれてきます。さらに一緒に考えることで解決への道筋の発見を自分の体験にすることができ、また人に教えることで理解がいっそう深まっていくのです。

日本語力

日本語力といっても高校で学んできた国語とは違い、論理的かつ構造的に考える能力を重視した授業です。
どんな専門分野を学ぶにも、まず日本語で理解し、日本語で的確に表現することが基本。また新聞記事をもとに事件の犯人像を推理したり、自分が裁判員になったつもりで判決を考えたりするなど、多彩な角度から論理的な分析力や発表力を養います。


腕時計

オーラルコミュニケーション演習

現役アナウンサーから「言葉」だけでなく「会話」としての日本語を学び、表現力、説得力を実践的に身に付けていきます。さらに好感度高く、信頼される話し方をするために必要な、「言葉力」の基本となる見た目と声、堂々と見える身だしなみや立ち居振る舞い、発声方法などを伝授します。また、実際にアナウンサーが行っている滑舌練習の文章を配布して皆で実践しながら、顔の筋肉もトレーニングを行います。

腕時計

Q 1.腕時計

腕時計を文章だけで簡潔に表現するとどうなるでしょう。時計本体の形や大きさは?ベルトはどこから出ているか?言葉で説明するために注意深く見ると、ベルトは6時と12時の方向から出ていることに気づくでしょう。

[解答例]

ベルトで手首に固定する携帯式の時計。直径3、4cmの時計本体に、12時と6時の方向から、金属または革製のベルトが付く。時計本体は1cm足らずの浅い筒または箱形で、内部の機構に蓋をするように文字盤を取り付け、上から透明なガラスの蓋をかぶせた構造。

Student Voice フードビジネス学科 3年 木谷 祐太さん

クリティカル・シンキングという授業で、新聞の記事に対し全て鵜呑みにせず、共感できる部分と不信に思える部分を見つけ出し、その記事の信憑性の高低を見抜いていきます。記事を読んで、限りある情報からその時の状況などを、頭の中でイメージする面白さがあります。皆それぞれ考えが違うので、先生や同級生たちと盛り上がります!


数的処理

例えば経済記事に現われる統計数字の意味や算出方法を自分でも実際に調べたり実験したりしながら理解していきます。
身近な出来事の数的関係を学ぶことで、数字やデータに対するセンスを養う科目です。

オストワルトの洗浄理論

視聴率の意味汚れた食器は何回すすげばきれいになるか?汚れた水が1mlあるとき、ここに9mlのきれいな水を加えて10mlにすると、汚れはに薄められたことになります。この水を捨てた後に残った1mlの汚れた水にさらに9mlのきれいな水を加えて・・・と同じ操作を4回繰り返すと汚れはつまりになります。9ml×4=36mlの水で1回すすぐのと比べると違いがわかるでしょう。大量の水で少数回洗うより少量の水で多数回洗った方がきれいになるのです。授業ではこの理屈を理解したうえで、実際にいろいろな溶液をつくって効果を確かめてみました。


視聴率の意味

○月×日に実際に放送された番組の視聴率データ(標本に選ばれた世帯がその番組を見ている割合。 1分ごとに機械的に計測)を使って視聴率とテレビ局の収入を計算してみます。この番組では 74分の番組放送中に15秒CMが7回入りました。視聴率1%のとき15秒CMを1回流すたびにテレビ局は10万円の放送料をスポンサーから受け取ります。実際に計算してみると・・・。テレビ局が視聴率アップに躍起になるのも無理はないと納得できました。

Student Voice 情報メディア学科 3年 前田 結香さん

"数的処理"という言葉から難しい内容ばかりなのかなと少し身構えていましたが、実際はイメージと全く違うものでした。先生の丁寧な説明や実践的な授業もあるので、どんどん理解度が深まっていきます。私は酔っぱらいの行き先を想定する、「ランダムウォーク」という実践授業が一番印象に残っています!とても楽しい実験ができました。


基礎化学・基礎理化学実験

主に高校で化学を履修してこなかった学生のために、大学で必要となる化学の基礎知識を半年間で教えます。一人ひとりの力に合わせて丁寧に指導するので、文系出身者でも安心して学ぶことができます。また基礎理化学実験では、基礎化学で学んだ知識を、実際に手を動かして確認します。実験器具や試薬の扱い方のほか、レポートの書き方も学習します。


滴定実験

酸・塩基中和滴定を使って食酢の中に含まれている酢酸を定量します。米酢とリンゴ酢では酢酸の含有量がかなり違うことが分かります。また、キレート滴定を使って、いろいろな水の中に含まれているミネラルの量を測定します。一口にミネラルウォーターといっても、含まれるミネラルの量には随分違いがあるので、考察していきます。このように身近なものを使った実験や、実験の楽しさを体験できる授業を行います。

Student Voice 健康栄養学科 3年 立松 茉耶さん

酸・塩基の強さとpHの関係を理解するために、いろいろな酸性の水溶液を使って実験しました。自分の結果が、先生のものと近ければ嬉しいですし、班で協力して滴定するのはとても楽しいです。私はずっと、化学は難しそうなのでやりたくないと思っていましたが、落合先生が基本的な知識から分かりやすく教えてくださるので、化学の楽しさを感じることができました!


高等学校の学習から大学の研究へ

基礎教育センターは高等学校から大学へ
学びの橋渡しをサポートします。


高校生が大学で化学実験!!SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)を活用した高大連携授業(実験レポートの作成方法の基礎を学ぶ)の1コマです。

SPPはJST(独立行政法人 科学技術振興機構)の支援を受けて、大学・科学館等と連携し、その研究者等を講師とする観察・実験・実習等の体験的・問題解決的な活動を通して、生徒の科学技術、理科・数学に関する興味・関心と知的探究心を育成しようとするプロジェクトです。


教育スタッフ紹介

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844