名古屋文理大学 NAGOYA BUNRI UNIVERSITY
資料請求 携帯サイト
受験生 在学生 保護者 卒業生 地域の方 企業の方 教職員
最新情報
大学案内
学部・学科紹介
入試情報
就職情報
エクステンション
付属図書館
キャンパスライフ
イベントカレンダー
学習支援・研修など
情報公開

名古屋文理大学短期大学部
名古屋文理 栄養士専門学校
学校法人 滝川学園
稲友会(同窓会)
学生自治会

名古屋文理大学
〒492-8520
愛知県稲沢市稲沢町
前田365
TEL:0587-23-2400(代)
FAX:0587-21-2844

交通アクセス

HOME >> 学部・学科紹介 >> 情報文化学部 : PR学科

学部・学科紹介 情報文化学部 PR学科

企業と社会を結ぶ、コミュニケーションのプロをめざそう。
                                                                                                                                        

教員紹介

 

 

 

PRとはPublic Relations(パブリックリレーションズ)の略で、企業や自治体などの団体が一般社会との信頼関係を築くために行う広報活動=コミュニケーションのこと。PR担当者は、企業と社会とを結ぶコミュニケーションのプロといえます。PRを取り巻く幅広い知識とスキルを身につけ、PR部門のキーパーソンをめざします。
また、PR学科では広報・PRだけではなく、広告、出版、マスコミ業界などコミュニケーション全般について詳しく学ぶことができます。将来、広告代理店やテレビ局、出版社などをめざすのに必要な知識とスキルを身につけることができます。

PR学科 イメージ画像

学びのポイント

専門知識だけではなく、コミュニケーション能力、一般教養、語学力を磨く。

履修モデルとして、PRを深く学ぶ「PR専修コース」、広告やマーケティングを学び、広告代理店・企業のブランドマネージャーなどをめざす「マーケティング・コミュニケーションコース」、新聞・テレビなどマスコミ業界を想定した「マスメディアコース」の3つのコースを設定。さらに本学科の大きな特徴として、4年間にわたり、芸術・心理学・経済学・政治学から、基礎数学・スポーツ科学まで多分野の基礎教養科目をカリキュラムに取り込んでいます。幅広い知識や教養は企業や団体の顔として活躍するPRスタッフとして必須であり、コミュニケーションのバックグラウンドになるからです。

PRは実学、教授陣に経験豊富なPRの専門家を迎え、密度の濃い講義。

PR・広報の仕事は「ケーススタディはあってもサンプルはない」といわれます。本学科では、机上の学問ではなく、最前線で実践を積み重ねてきたプロフェッショナルから、中身の濃い、次代を先取りした“実学”を修得します。企業のPR部門・広報部門や大手広告代理店の出身者、ジャーナリスト、アナウンサー、TVプロデューサーなど、社会経験豊富な教員が展開する現場主義の魅力的な授業の数々。大学の4年間で「PRのプロ」を育成します。さらにインターンシップでは、企業や公共団体へ出向き、PRの現場の今を体験します。

PR学科 イメージ画像

目指す資格

PRプランナー
パブリシティやメディアとのリレーションだけではなく、経営戦略、コンプライアンス、危機管理、マーケディングコミュニケーション、ブランドマネジメントまで、広範囲にわたる広報・PRの業務。「PRプライナー資格認定試験」では、こうした広報・PRに関する基本的な知識や、実践的なスキル・ノウハウの評価に挑みます。

社会調査士
住民意識調査、市場調査、世論調査、選挙予測調査、視聴率調査、新製品開発調査など、行政分野からマーケティング、マスコミ、広告まで、情報が氾濫し複雑化した現代だからこそ、正確な調査データによる判断と施策が重要になっています。社会調査氏は、こうしたさまざまな分野の調査プロジェクトの一員として活躍するスペシャリストです。調査計画から実施、分析、管理まで関わり、これら精度の高い調査結果は、次への新しいアクションとなります。

▲上へ戻る

プライバシポリシーサイトマップ資料請求お問い合わせEnglish
Copyright. Nagoya Bunri University. All Rights Reserved.