HOME > 学部・学科紹介 > 情報メディア学部 : 情報メディア学科 > 資格支援
情報メディア学部 : 情報メディア学科

資格支援

目指せる資格・検定

ITパスポート試験

情報処理技術者試験(国家試験)の一区分。スキルレベル1に相当します。

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験(国家試験)の一区分。スキルレベル2に相当します。

高等学校1種教員免許状(情報)

応用情報技術者試験

ITエンジニアとしてのレベルアップを図る資格。技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力が身につき、システム開発やIT基盤構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することができます。

高度情報処理技術者試験

情報処理技術者試験(国家試験)の一区分。スキルレベル4に相当します。試験で計ることのできる能力としては最高のスキルレベルであり、事実上、国内最難関の試験にあたります。

ウェブ解析士

ウェブマーケティングに必要なスキルは、単にアクセス解析の知識だけでなく、観測すべきKPIの設定・事業に則した現状分析および目標を達成するための計画立案・プロジェクトのファシリテーション等、多岐にわたる能力が求められています。

日本漢字能力検定

ワープロを効率よく、正確に、かつスピードをあげて打つには最低限度の漢字の知識が必要です。

ニュース時事能力検定

新聞やテレビのニュース報道を読み解くための「時事力」を認定するもので、「時事問題」の理解に欠かせません。

TOEIC(IP) , TOEIC Bridge(IP)

各界で重視されてきている英語コミュニケーション能力を高めるために、本学英語スタッフによる体系的な指導を行っています。

MIDI検定

MIDIとは、電子楽器はもとより、電子音楽のソフト、ネットワークでやりとりされる音楽データや、携帯電話の着信メロディにいたるまで、電子音楽の事実上の標準規格です。

日本語ワープロ検定

日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語の入力および文書処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図る。

文書デザイン検定

文書デザイン能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図る。

情報処理技能検定

表計算ソフトやデータベースソフトの有効な利用を通じて、情報処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図る。

ホームページ作成検定

ホームページ作成能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図る。

プレゼンテーション技能検定

プレゼンテーションソフトの有効な利用を通じて、プレゼンテーション資料作成能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図る。

パソコンスピード認定

日本語ワープロソフト・英文ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力の向上を図る。

CGクリエイター検定

映画・アニメーション・ゲーム・CMなどのCG映像の制作において、一定条件のもとに、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる能力を身に付けます。

Webデザイナー検定

各種Webサイトのデザインにおいて、一定の条件(コンセプト・日程・予算など)のもとに、企画・プレゼンテーション・制作・テスト・評価運用の知識を用いる能力を身に付けます。

CGエンジニア検定

産業や学術分野のさまざまな領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程など)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力を身に付けます。

画像処理エンジニア検定

産業や学術分野の様々な領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程・コストなど)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力を身に付けます。

マルチメディア検定

マルチメディアを用いたネットワーク技術・コミュニケーション技術・プレゼンテーション技術についての専門的な理解と、Webサイトやシステム、製品開発のビジネスに知識を応用する能力を身に付けます。

社会調査士

社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえる能力をもった「調査の専門家」の資格です。本学において所定の科目を履修することで取得できます。

簿記検定

日商簿記検定3級対策講座

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844