HOME > 学部・学科紹介 > 情報メディア学部 : 情報メディア学科 > 実践的な学び > 社会との連携
情報メディア学部 : 情報メディア学科

社会との連携

一宮商工会議所のガイドブック作成に毎年参加

media_practice_p07.jpg

名古屋文理大学は一宮商工会議所と産学連携に関する包括協定を結んでいますが、情報メディア学科では一宮商工会議所が毎年作成する一宮の飲食店や名品を紹介するガイドブックの作成に協力しています。学生は飲食店を取材してコピーを書いたり、モデルとして紙面に登場したりしています。また、プロのコピーライターから指導を受けたり、写真撮影の現場を見学したりと様々な刺激を受けています。

企業とのiPhone/iPadアプリ共同開発

企業とのiPhone/iPadアプリ共同開発複数の企業とともに既に数本のアプリを開発しています。学生、教員、そして企業が連携して開発する体験は、多くの企業が求める学生の主体性や経験を獲得する上で最高の環境です。

iPhoneアプリ開発研究グループでは企業の方とともにApple Storeなどで開発アプリを発表

iPhone道場では企業の方とともにApple Storeなどで開発アプリを発表学生の開発したiPhone/iPadアプリケーションを企業の方達も交えApple Store,Nagoya Sakaeにて発表しています。毎年10本以上のアプリケーションが開発されており、昨年度のイベントでは1年生は入学してわずか3ヵ月でアプリをひとつ完成させてこのイベントに参加しました。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844