HOME > 学部・学科紹介 > 情報メディア学部 : 情報メディア学科 > 情報メディア学科ブログ > ゼミ潜入レポ!小橋先生ゼミ(3年)
情報メディア学科ブログ

ゼミ潜入レポ!小橋先生ゼミ(3年)

RSS 2019年05月27日

皆さんお待ちかね、ゼミ潜入レポート第3弾です!

今回は、小橋先生のゼミ(3年)にお邪魔しました。

小橋ゼミでは、ゲーム製作および周辺領域の技術と理論について学んでいます。

今は、6月9日(日)に開催される「子どもフェスティバル」に出展するため、子どもたちが喜ぶ体験型のゲームコンテンツを作成中です。

2人1組でペアになり、協力しながら、子どもたちが喜ぶゲームを開発しています。

少し、のぞいてみましょう。

IMG_5815.jpg

これは、スライムのキャラクターが敵を倒すゲームです。

IMG_5816.jpg何と、このスライム、特殊なカメラでプレイヤーの体の動きを読み取り、プレイヤーと連動して動かすことができるんです!

右手を挙げれば、このスライムのキャラクターも右手を挙げます。なんとも可愛らしい!

世界観に入り込めること間違いなしのゲームです。

お次のペアは・・・

IMG_5819.jpg

何やらカラフルなたくさんの丸が描かれていますね。

これは、画面上で跳ねている丸をタッチすると音が出るというゲームで、ただいまプログラムを構築中だそうです。

これなら、小さい子でも楽しめますね!

次にご紹介するのは、こちら

IMG_5821.jpg

彼女たちが作っているのは「シャッフル型のパズル」です。

バラバラに並べられたイラストを2枚タッチすると、その2枚が入れ替わり、最終的に絵を完成させるゲームです。

過去の先輩たちの作品を参考にしながら、二人で話し合い、プログラムに取り組んでいました。

パズルのイラストも可愛いくて、これは是非ともパズルを完成させたくなりますね。

さて、お次は、

画面上には1枚の画像だけが映し出されていますが、、、

IMG_5824.jpg

何か気づきませんか?とゲーム作成者の彼に聞かれ、何度か見直してみると。。。

おお!だんだんと椅子の脚が消えていくではありませんか!

ズバリ、彼が作っているこのゲームは、「画像が徐々に変化する脳トレ間違い探し」です。

必死になって間違いを探す子どもたちの姿が目に浮かびますね。

隣の彼は何を作っているのでしょう。

IMG_5827.jpg

これは、拡張現実のARアプリを使ったゲームです。

ARアプリも彼が作りました。

「AR宝探し」と題したこのゲームは、会場にいくつかの箱が隠されていて、

ipadでかざすと、宝箱が画面上に出現します。

宝箱の場合もあれば、ハズレの場合もあるそうです。

ipadでかざす瞬間はドキドキしますね!

教室を出ると、おや、廊下で何やら面白そうなことをしている二人がいますね。

IMG_5834.jpeg

IMG_5832.jpg

彼らはモーションキャプチャを使ってキャラクターを動かしていました。

IMG_5835.jpg

このカメラで人間を映して、キャラクターの動きとして置き換えます。

このモーションキャプチャを使って、当日、小橋ゼミのブースを宣伝をするとのこと。

これは来場者の注目を集められますね!

小橋ゼミの皆さんは、小橋先生からアドバイスをもらいながら、コンテンツ作成に奮闘中です。

当日の「子どもフェスティバル」が楽しみです。

IMG_5817.jpg

最新の記事

loading...

>>一覧を見る

イベントカレンダー

loading...
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844