名古屋文理大学 NAGOYA BUNRI UNIVERSITY
資料請求 携帯サイト
受験生 在学生 保護者 卒業生 地域の方 企業の方 教職員
最新情報
大学案内
学部・学科紹介
入試情報
就職情報
エクステンション
付属図書館
キャンパスライフ
イベントカレンダー
学習支援・研修など
情報公開

名古屋文理大学短期大学部
名古屋文理 栄養士専門学校
学校法人 滝川学園
稲友会(同窓会)
学生自治会

名古屋文理大学
〒492-8520
愛知県稲沢市稲沢町
前田365
TEL:0587-23-2400(代)
FAX:0587-21-2844

交通アクセス

HOME >> 最新情報 : 過去のニュース

最新情報 最新情報

>>一覧表示へ

情報メディア学科iPad無償配布(23年度入学生)(2010/05/14)

最新ニュース








名古屋文理大学では、5月14日、情報メディア学科に来春(平成23年4月)入学する新入生全員にiPad(アップル社、5月28日発売開始予定)を無償配布する計画を発表しました。

名古屋文理大学情報文化学部情報メディア学科では、これまでに、学生らによるiPhone向けソフトの開発プロジェクトが進められ、学生制作によるアプリケーションがネット上のAppStoreで世界に向けて公開されています。
また、名古屋市のAppleStore栄で学生たちが自ら開発したアプリケーションの発表イベントを行うなど精力的な活動を続けています。

情報メディア学科では、来たるべきユビキタス型情報社会を見据え、従来型のシステム開発に留まらず、ライフデザインと融合したコンテンツ開発や新分野のマーケティングとコミュニケーションに焦点を当て、将来の日本の情報産業の国際競争力を担う学生の輩出を目指しています。

今回、新しいモバイル端末であるiPadを教育に導入することで、学生となるみなさんが、新しい情報技術を体感して、次世代の情報社会への想像力と創造力を伸ばす機会としたいと考えています。
また、学生プロジェクトによる新しいサービスの提供やコンテンツの開発にも取り組んでいきます。

このような未来志向の教育を目指して、まだ日本では未発売の時期にiPadの導入をいち早く決めました。iPadを学生に無償配布する大学は国内では初めてです。

情報メディア学科では、iPadを学内のLANにWiFi接続して、学生と教職員のコミュニケーションツールとして利用するほか、授業の資料の配布や、授業中に学生がiPadを使って自分の意見を文字で書きこみ、その場ですぐに情報を共有して活用するなど授業での積極的な利用を計画しています。

また、同学科では、技術志向の「情報システムコース」、芸術デザイン志向の「メディア創造コース」、文化系の「メディア文化コース」の3つのコースから自由に科目を選択できるカリキュラムを採用しており、技術・芸術・文化という3つの分野を志向する学生が集まります。
このため、異なる志向の学生がプロジェクトを組んで、iPadという新しいプラットフォームを軸に、コンテンツ開発からパッケージデザインやマーケットリリースまでを共同で行い、学生主体の情報コンテンツの配信を通して新たな価値の創造を目指すことができるのです。

すでに、情報メディア学科では、現在、複数の学生と教員の共同プロジェクトによって、iPadの教育利用を目指して、大学オリジナルの情報書き込みソフトの開発や、新入生向けのオリジナルテキストのデジタル化が進められています。

さらに近い将来には、授業の履修登録や出席管理、就職活動の情報共有や支援ツールとしての活用も視野に入れています。

新入生のみなさんにも、新しい情報環境を活かした、新しい授業を実感してもらい、新しいアプリケーションのアイデア・デザインの提案を通して、夢を実現して欲しいと思っています。

プライバシポリシーサイトマップ資料請求お問い合わせEnglish
Copyright. Nagoya Bunri University. All Rights Reserved.