HOME > お知らせ > 「サバメシ講座」の講師を学生が務めました
お知らせ

「サバメシ講座」の講師を学生が務めました

2019年01月09日

 平成30年12月23日(日)に名古屋市港防災センター主催『災害時でもおいしいご飯「サバメシ」』が開催され、本学 日比野ゼミ及び市原ゼミの学生がサバメシの調理のコーナーの講師を務めました。

 講座では災害時にライフラインが止まった場合の調理法としてサバメシがある事の説明だけではなく、災害に対する意識向上のために地震や大雨時にはどのように対応をしてどのような備えをしておくと良いのか等の解説がありました。

 調理のコーナーでは本学オリジナルレシピの中から「コンビーフ炊き込みご飯」、「里芋のツナサラダ」、「小倉ういろう」の3品の調理体験及び試食をして頂きました。
 まず各メニューの栄養価のメリットとして「コンビーフ炊き込みご飯」はエネルギーとたんぱく質が摂れ、「里芋のツナサラダ」は野菜から食物繊維とスキムミルクを使うことでカルシウム摂取ができる事。また「小倉ういろう」は小豆から食物繊維やたんぱく質が摂取できることと災害時には甘い物により心にゆとりが生まれる事などを説明しました。

 実際に調理に入るとお子様から年配の方まで楽しそうに協力して作業を進められました。
 ポリエチレン袋に入れた物を各班取り纏めて鍋に入れて茹で上げましたが、参加者数に対して鍋のサイズが小さかったため「コンビーフ炊き込みご飯」を失敗してしまいました。しかしこの失敗はなぜ発生したのか、どうしたら改善できるのかを調理後に説明し、日頃から繰り返し調理して慣れておく必要があると感じて頂ける機会になりました。

 材料が茹で上がるまでの間に防災について担当の専門家の講師から解説がありましたが、最後に防災とは「命が助かること」と「みんなと一緒に生き延びること」であると説明され、参加者の方の心に深く刻まれたことでしょう。

一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

学生ポータル

図書情報センター

ぶんり

名古屋文理わくわくブログ

管理栄養士国家試験サポートセンター

紹介ビデオ

情報公開

名古屋文理大学短期大学部外部評価結果報告

  • 名栄会(同窓会)
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259