HOME > お知らせ > 名古屋市立山田高等学校にて「食の大使プロジェクト」を実施しました
お知らせ

名古屋市立山田高等学校にて「食の大使プロジェクト」を実施しました

2018年09月25日

 「食の大使」プロジェクトは青少年層の食育推進をはかる高大官連携食育事業で"独り立ち世代の健康な体づくりのための健全な食生活の実践"をめざし、本学及び西保健センターが連携して実施しています。
 この事業はピアエデュケーションを用いた食育活動で、栄養学を学ぶ学生が「食の大使」として独り立ち世代の高校生を対象に西保健センターのコーディネートのもと、ワークショップや調理実習などを実施しています。

 今年度は平成30年9月14日(金)名古屋市立山田高等学校の1年生を対象に、「朝食の大切さ」をテーマに本学栄養士専攻の学生7名と活動をしました。
 まず始めに本学学生が西区の高校生を対象にした朝食調査の結果を発表しました。
 毎朝朝食を食べていると回答した高校生は85.1%ですが、食事の内容を見るとパンなどの主食のみを食べている人が多く、栄養バランスが整っている朝食を食べている高校生は少ないと解説しました。

 高校生に現状と課題を学んでいただいた後、理想的な朝食メニューを考案するワークショップを行い各グループに本学学生が1名つき栄養面等についてアドバイスをしました。
 お味噌汁を具沢山にして野菜を多く摂取できるようにしたり、ヨーグルトには果物を加えるなど、各グループが忙しい朝でも手軽に食べることができ、栄養バランスの整ったメニューを考案しました。

 参加した学生からは「高校生がいろいろ自分たちで意見を出してくれてうまく進行することができた。」「進行するのは難しく戸惑うこともあったが、最後にはうまくまとめることができ、楽しく活動することができた。」 高校生からは「今まで自分の朝食は栄養不足だと思った。今日のワークショップを受けてしっかりと自分の食事を見直せたし、これから栄養バランスに気を付けて食事をしていきたいと思いました。」と語っていました。
 今回の活動で高校生の皆さんに朝食の正しい食べ方を修得していただけたことと思います。

一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

学生ポータル

図書情報センター

ぶんり

名古屋文理わくわくブログ

管理栄養士国家試験サポートセンター

紹介ビデオ

情報公開

名古屋文理大学短期大学部外部評価結果報告

  • 名栄会(同窓会)
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259