HOME > お知らせ > 「名古屋柳城短期大学×名古屋文理大学短期大学部 第3回 学生交流プログラム」を開催しました
お知らせ

「名古屋柳城短期大学×名古屋文理大学短期大学部 第3回 学生交流プログラム」を開催しました

2018年03月02日

 平成30年2月28日(水)名古屋柳城短期大学附属柳城幼稚園にて「名古屋柳城短期大学×名古屋文理大学短期大学部 第3回 学生交流プログラム」を開催しました。

 本活動は保育者を目指す学生と栄養士を目指す学生同士が講座を通じて交流し、親睦を図るとともにお互いの学びを高めることを目的としています。
 始めに名古屋柳城短期大学 山本聡子先生より、園児が楽しみながら食についての知識を身に着ける食育かるたの作成方法や注意点を解説いただき、各短大2名で4人1組のグループで食育かるたを作成しました。
 本学学生の栄養に関する知識と柳城短期大学の学生の園児たちに興味をもってもらえる伝え方の知識やイラストを組み合わせて各グループがクオリティーの高いかるたを作成しました。

 かるた完成後は実際に名古屋柳城短期大学附属柳城幼稚園の園児たちと一緒に遊び、学生と園児が楽しそうにかるた遊びをする様子をうかがうことが出来ました。
 また、幼稚園給食体験の場を設け、幼稚園給食の現場で活躍されている「おれんじや」の水野今日子様のお話を聞きました。
 「おれんじや」はアレルギーを持つ子どもでもみんなと同じ食事ができるよう食物アレルギーを引き起こす物質を含む食品は全て排除し、「子どもたちに小さいころからおいしいものを食べさせたい」との思いから調味料や食材食を厳選し、無農薬・低農薬の野菜を使用されています。
 素材に妥協しない幼稚園給食を調理される中で、ご自身思いや、心構えなどについてお話をされました。

 最後に本学 柵木嘉和先生から幼稚園給食で重要なことは園児と同じ食事を摂り、正しい食事スタイルを見せる事で「食事の摂り方」を園児に理解させることであると説明し、学生は真剣な表情で聴講していました。
 参加した学生からは「栄養教諭を目指しているが、保育者を目指している学生さんの子どもたちとの接し方を間近に見ることができ、普段子どもと接する機会が少ない自分にとってとても良い刺激を受けました。」と語っていました。

 本活動で園児と直接接しながら現場で業務される方の声を伺うことが出来、保育者、栄養士を目指す学生にとって大変有意義な時間になったことと思います。

一覧へ戻る

資料請求 大学案内・入試資料・出願書類など
  • 入試案内
  • オープンキャンパス

学生ポータル

図書情報センター

ぶんり

名古屋文理わくわくブログ

管理栄養士国家試験サポートセンター

紹介ビデオ

情報公開

名古屋文理大学短期大学部外部評価結果報告

  • 名栄会(同窓会)
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259