HOME > 図書情報センター > 館内の利用について
図書情報センター

館内の利用について

開館時間・休館日

開館時間 平日 9時~16時50分
夏期休暇中、その他変更がある場合はその都度掲示します。
※なお、前・後期本試験の2週間前から1時間延長します。
休館日
  • 学則に定める大学休業日
    (夏・冬・春期休暇中の図書情報センター利用については、その都度別途掲示)
  • 土曜日
  • 学園行事日(入学式・卒業式等)
  • 蔵書点検日(春期休暇中)
  • 臨時休館日(その都度別途掲示)

1.入・退館について

入館:受付カウンターで学生証を提出し、ロッカーの鍵を受取り荷物を入れて下さい。
退館:ロッカーから荷物を取り出して鍵を返し、学生証を受取って下さい。

2.貸し出し・返却

貸出

  • 図書等の貸出を希望するときは、受付カウンターで貸出者本人の名前を伝え、図書等を渡し申込み下さい。
  • 館外貸出冊数は、一人2冊以内、期間は1週間以内です。
    ただし、返却期限内に再手続きをすれば、予約者が居ない場合に限り、一度更新することができます。その場合は更新したい図書等と学生証を受付カウンターに提示し延長を申し出て下さい。
  • 貸出手続きをした図書は、退館時に受取って下さい。
  • 「禁帯出」と指定された図書(辞書・辞典・白書・統計集等)、最新号雑誌、視聴覚資料の館外貸出しは行っていませんので、館内の施設でご利用下さい。
  • 貸出を受けた図書等の転貸は絶対にしないで下さい。
  • 貸出中の図書については、学内設置パソコンから蔵書検索システム・OPACを利用して予約することができます。

返却

  • 貸出を受けた図書等は、受付カウンターに直接手渡しで返却して下さい。
  • 返却期日は必ず守って下さい。期日を過ぎて返却した場合は延滞日数分貸出停止となります。
  • 図書等を汚損・破損もしくは紛失した場合は、速やかに受付カウンターに申し出て下さい。原則として同じ図書を弁償していただきます。

3.資料の探し方

  • 図書は日本十進分類法(NDC)によって分類し、請求記号順に配架されています。
  • 図書、視聴覚資料等に関しては、蔵書検索システム・OPACにアクセスし検索することができます。

蔵書検索システム・OPAC (Online Public Access Catalog)*
OPACとは、コンピュータでウェブ上から検索する図書館の所蔵目録データベースです。
著者、書名、キーワード等から資料を検索できます。
蔵書検索システム・OPACの利用方法等で不明な点がありましたら、利用ガイダンスを参照するか、受付カウンターまでお尋ね下さい。

4.コピーサービス

利用者は、著作権法による一定の制約のもとに、 図書館資料等を複写することができます。 コイン式複写機を利用して下さい。

5.レファレンス・サービス

図書情報センターの利用方法、資料などについて質問、相談がある場合、あるいは他館への文献複写依頼や他大学図書館の 閲覧を希望する場合は、カウンターに申し出て下さい。

6.利用上の注意

  • 図書情報センターを利用するときは、必ず学生証をお持ち下さい。
  • 館内では、他の利用者の迷惑にならないように私語、談笑を慎み、静かな学習・読書環境になるようご協力下さい。
  • 館内で閲覧した資料は、もとの位置に戻して下さい。
  • 館外へ図書を持ち出すときは必ず貸出手続きをして下さい。
  • 図書館の資料・備品・器物類は、大切に取り扱い、汚損・破損などないように注意して下さい。
  • 貴重品は常に身に付け、盗難防止に心掛けて下さい。
  • 携帯電話・ポケットベルなどは、館内では電源をお切り下さい。
  • 館内は禁煙です。
  • 館内への飲食物の持ち込み、飲食を禁止しています。
  • 館内では係員の指示に従って下さい。指示に従わず、注意を守らない場合は、退館を求めます。

7.その他

名古屋文理大学の図書館も利用できます。

  • 入試案内
  • オープンキャンパス

学生ポータル

図書情報センター

ぶんり

名古屋文理わくわくブログ

管理栄養士国家試験サポートセンター

紹介ビデオ

情報公開

名古屋文理大学短期大学部外部評価結果報告

  • 名栄会(同窓会)
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋文理栄養士専門学校
  • 学校法人滝川学園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0077 愛知県名古屋市西区笹塚町2-1 TEL:052-521-2251(代) FAX:052-521-2259